夏休みも半分ほど過ぎて、本来ならば観光シーズン真っ只中にある台湾地区の阿里山や日月潭等の景勝区では、中国大陸部からの観光客の減少で、一見してわかるほど閑散としており、多くの店舗が休業しているほどだった

写真拡大

夏休みも半分ほど過ぎて、本来ならば観光シーズン真っ只中にある台湾地区の阿里山や日月潭等の景勝区では、中国大陸部からの観光客の減少で、一見してわかるほど閑散としており、多くの店舗が休業しているほどだった。新華網が伝えた。

今年の夏休み期間に迎えた観光客の数は、例年のおよそ半分で、最も深刻な日などは約10分の1まで落ち込みを見せているという。(提供/人民網日本語版・編集TK)