※藤本美貴オフィシャルブログより

写真拡大

タレントの藤本美貴が、新幹線の中で、座席を倒すときの声かけについてブログで言及した。藤本はトークイベントのため名古屋に行くために新幹線に乗り、こうした問題意識を持ったようだ。

「新幹線の椅子を倒す時
後ろに声をかけるか?問題

私は前の人が座席を倒すとき
わざわざ声をかけずに
ゆっくりとひっそり倒して欲しいタイプ
でもやっぱり皆んなは倒す前に
一言いって欲しいタイプなのかな?」

と、常識的に何が正しいのかを聞くのではなく、どのようなタイプが多いのか疑問をなげかけた。

これに対しブログの読者からは、「本当は声をかけたほうがいいかなと思いながら、こっそりゆっくり倒すタイプです…。自分的には声をかけられたほうが、その人のことを丁寧な方だな、と思いますが。。どうなんでしょうね?」「前の方もいきなりガタンではなく、なんかこう、それとなくゆっくりじわりと下げるであれば、お互いに暗黙の了解だと思います」「後ろの人が居なかったら、少〜し倒す!後ろの人が居たら…我慢しちゃうかも」など様々な意見が寄せられている。

TwitterなどのSNS上でも座席を倒す際の声掛けについては盛んに議論されている。声掛けをするのは当たり前で、しないのはマナー的によくないと捉える人もいれば、座席を倒すのは暗黙の了解でよしとされるため、わざわざ声掛けは必要ないと捉える人もいる。

声をかけずに座席を倒したために、文句を言われたり怒られたりした経験談も数多く語られている。また、この問題に悩みたくないがために始発駅から乗る人や、座席を倒さないという人もいるようだ。座席を倒すにしても、どこまでが許容範囲かという問題も同時に議論されている。