アン・ハサウェイ、胸元の深い切り込みもいやらしさを感じさせないさすがの着こなし!

写真拡大

地位も名誉も栄光も手に入れた海外セレブ達のファッションは、そのシーズンのトレンドやムーブメントを生み出す絶大な影響力を持つ。それだけに多くの注目を集めるため、ベストドレッサーやワーストドレッサーなどが次々に選ばれていく。そんなセレブ達のファッションの「アリ」「ナシ」は一体何を基準に判断されるのか。何人かのセレブファッションからその基準のうちの一つが見えてきた。ファッションによって、上品に見える人(OK編)、その逆の人(NG編)をご紹介したい。

【この記事の他の写真を見る】

【OK編】
まず正統派セレブのアン・ハサウェイ。こちらは映画『コロッサル』のプレミア試写会でのショット。出産を経験し全体的にふっくらしたようだが、全身を黒でまとめ深いVゾーンでシャープな印象を演出している。このVゾーン、よく見るとバストの下の位置まで深く入っているのだが、下品な印象を受けない。Vゾーンから見える肌がデザインの一部として見えるため、いやらしさを感じさせないのだ。

次は世界の歌姫ジェニファー・ロペス。そのカーヴィーな美しいボディーラインは、実力で勝ち取ってきた栄光のオーラをまとって他の追随を許さない強さがある。ジェニファーもきわどい衣装を着ることがあるが、それが許されるのは鍛えあげたボディがあるからこそだろう。現在48歳にして双子の母とは思えない一貫したプロポーションの美しさは、男性だけでなく女性の憧れの的になっているのも納得だ。

スカーレット・ヨハンソンのこのドレスも大胆に胸元が開いている。普通に着るとかなりきわどい胸元のはずが、刈りあげたショートカットがドレスをモードに見せている。決して媚びない自立したイメージの彼女だからこそできる、凛とした雰囲気すら漂わせる、さすがの着こなしだ。

【NG編】
NG編の1人目は『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で一躍有名になったカーダシアン家の3姉妹のうちのひとり、クロエ・カーダシアン。ロスのスタジオ入りのスナップだが、この全身真っ赤のスタイルは見せインナーのはずがだらしない印象が強すぎ、いやらしさが全面に出てしまった典型的なNG例だ。

2人目はシンガーのクリスティーナ・ミリアン。バストが離れて下に垂れ下がるように見えてしまうのは、インナーのVゾーンがこのスタイルに合っていないから。この場合はVゾーンの幅と角度をもっと狭いものにしたほうが良かった。これでは見えすぎなのだ。写真は4月に撮られたものだが、4月にファーのレザージャケットを着ているということはかなりファッションにこだわりを持っているはず。にもかからず、このインナーをチョイスしたがためにせっかくのこだわりもスルーされ、少々お下品に見える胸の谷間に注目が集まってしまった。

最後はこちら、大人気ドラマ『モダン・ファミリー』でブレイクし、セレブの階段を駆け上がった女優ソフィア・ベルガラ。顔の美しさのみならず胸の谷間の美しさも完璧と言える。これこそセレブの典型、お手本的見せ方と言いたいところだが、この計算しすぎの露出の仕方にまんまと乗せられて、胸元ばかりに目がいってしまうので残念ながらNG。

このようにファッションの世界でも女性のセクシーさは美の象徴とされ、露出度の高いスタイルが評価されることもあるが、そこに“媚び”や“打算”が見えると一気にイタイファッションに認定されることも少なくない。【OK編】のセレブ達に共通して言えるのは「決して人に媚びたりしません」という雰囲気を持っていること。セレブのファッションには常に自信と媚びない強さが求められるようだ。
(TechinsightJapan編集部 パーソナルスタイリスト樋口玲子)