今、合コンや街コンに代わり、新しい出会いの形として急速に支持を集めているのが、ネットを通じて理想の異性を見つけられる、恋愛マッチングアプリ。マッチングアプリを活用してデートを楽しんだり、恋人ができた経験もある4人にリアルな体験談や、ユーザーだからわかる、おすすめのポイントや注意点を赤裸々に語ってもらいました。

男女4人が、今どきのアプリ恋愛事情をリアルトーク!

右・良介さん(仮名)32歳・広告。5年前に「Pairs」を始めたことをきっかけに、アプリを使うようになる。「ゼクシィ恋結び」「タップル誕生」などを中心に、5つのアプリに登録し、活用している。

中右・菜々さん(仮名)28歳・営業。約1年前に、友だが「Tinder」を使っているのを見て、自分もトライすることを決意。それから、数人の男性とデートを繰り返し、最近になって、見事に彼氏をゲット!

中左・紗英さん(仮名)34歳・販売員。ひどい失恋をして辛かった時期に、友だちから勧められてアプリに登録。最初の数か月は「Pairs」をメインに使っていたが、今はより気軽に出会える「Tinder」に夢中。

左・洋平さん(仮名)27歳・弁護士。昨年の1月に「Pairs」を使い始め、約1年後に、今の彼女と運命の出会いを果たす。ほかには「Tinder」に登録していたものの、実際に会ったのは1人だけだそう。

紗英:私がアプリを始めたのは、5年くらい付き合っていた彼と別れたタイミングで…。恋愛に対して後ろ向きになっていた私を見かねた友だちに、「心のリハビリだと思ってやってみなよ!」と言われて、「ティンダー」を始めたんだよね。

菜々:一緒〜! 私も手痛い失恋を重ねた時期に「ティンダー」に手を伸ばしたの。男性のプロフィール写真が、次から次へと出てくるのを見ていると、「あ、世の中に男ってたくさんいるんだ!」と思えて、心がラクになったのを覚えてる。ブルゾンちえみじゃないけど(笑)。

良介:僕が「ペアーズ」を使い始めたのは5年前。それで、すぐに彼女ができて、2年くらい同棲したんだよね。その子と別れてからも、アプリで知り合って、付き合って、別れて…を4回くらい繰り返してる。

洋平:すごい、パイオニア感がある。僕は、自分が使い始めるまでは、周りの人が使っているのを見て、ちょっと引いてたところもあって。“そんなにみんな、出会いたいんだ…”と。でも、友だちに勧められて始めたら楽しくて。暇さえあれば、ずーっとアプリを見てる状態に(笑)。

紗英:やっぱり、男の人がプロフィールで最初に見るのは、顔なの?

洋平:そうだね。タイプだと“いいね”しちゃうかな。でも、写真を盛っている子、多いよ〜。

良介:会って驚いたことも何度かあるし。アゴを隠していたり、カメラアプリで加工してる写真は怪しいかな。男って、何枚かある写真のうち、一番かわいく写っているものを、その子の真の姿だと思い込むよね。

洋平:“これはショートが似合ってないだけ!”って勝手にジャッジする(笑)。友だちに撮ってもらったような自然なスナップ写真はウケがいい。

菜々:男子は写真が盛れないから大変だね。私の場合、常に同じ2人組で撮った写真ばっかり登録している男の人がいて、“どっち!?”と思うことがよくある(笑)。イケメンと普通の人の場合、どっちがどっちなのかが重要なのに…。

紗英:その人の情報がわかるプロフィールじゃないとね。

洋平:あとは、趣味が合う人とか、“何でもすぐに笑っちゃいます”って感じのことを書いている人は、話しかけやすいよね。会ったときに盛り上がりそうだから。

良介:そういう“撒き餌”は大事だよ。

事前に話しているから、展開はスピーディ。

紗英:洋平さんは、アプリで出会った彼女と初めて会ってから、どのくらいで付き合ったの?

洋平:2週間くらいかな。初対面の日に19時に集合して、結局、翌朝の5時まで一緒に飲んで。とにかく話をしていて楽しかったんだよね。それで、翌週に昼間からデートをして、告白して。

良介:うまくいくときって、本当に展開がスピーディ。

洋平:メッセージをやり取りしている段階から、“この子、ただ者じゃないな”感があったけど、当たってましたね。

紗英:会う前に、ある程度の情報や、話が合いそうかどうかを見極められるのはアプリのいいところのひとつだと思う。

菜々:私も、今の彼には、会ったその日に“付き合おう”と言われて…。驚いたけど、それまでに1か月以上、メッセージのやり取りをしていたから、“いいか!”と思ってOKした。

良介:その日に告白はすごい!

洋平:恋人探しが目的で使う人が多いから、ピンとくると話が早い。

菜々:もちろん、これまで会った人の中には、変な人もいたけどね。一番嫌だったのは既婚者! 見抜けなかった…。

紗英:私も、その経験ある。「ティンダー」は、友だち探しを目的にしている人もいて、全員が独身とは限らないからね。それ以来、最初に「結婚してますか?」って聞くことにしてる。

菜々:顔が見えない人と会うことには、やっぱりリスクがつきもの。冷静になって自分できちんと身を守ることは、アプリを楽しむうえで、最低限必要なことだと思うよ。

※『anan』2017年8月2日号より。写真・中島慶子 イラスト・沼田光太郎 取材、文・重信 綾

(by anan編集部)