決勝はともにツアー2勝目を目指すペン・シューアイと日比野菜緒の対戦に [江西オープン]

写真拡大

「江西オープン」(WTAインターナショナル/中国・江西省南昌/7月24〜30日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス準決勝が行われ、第2シードのペン・シューアイ(中国)と日比野菜緒(LuLuLun)が決勝に進んだ。

 ペンがハン・シンユン(中国)を6-0 6-3で、日比野はワイルドカード(主催者推薦枠)のワン・ヤファン(中国)を6-0 6-2で破っての勝ち上がり。

 両者は今回が初対戦で、ともにWTAツアーのシングルスで2勝目を目指して決勝に臨む。ペンが昨年10月に天津で、日比野は2015年10月のタシケント(ともにWTAインターナショナル/ハードコート)でツアー初優勝を飾っている。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「江西オープン」(中国・南昌)で決勝に進出した第2シードのペン・シューアイ(インディアンウェルズの大会でのもの)
Photo:INDIAN WELLS, CA - MARCH 13: Shuai Peng of China hits a backhand in her win over Agnieska Radwanska of Poland during the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 13, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Harry How/Getty Images)