夏といえば、プール。彼のために可愛い水着を新調して、今ごろ必死にボディケアをしているはずですが、プールデートは通常のデートとは異なり疲れやすいため、細かい配慮が必要になります。そこで今回は、彼とプールデートを楽しむときの注意点をご紹介いたします。

ムダ毛処理は細かいところまで!

水着になるということは、ムダ毛処理は必須! 慌ててケアをすると、かみそりでお肌が荒れてしまい真っ赤に……。あきらかにムダ毛処理をしてきました、と分かってしまいます。
また、ムダ毛処理を適当に済ませると思わぬところにまだ残っている可能性があります。心配ならプロにお任せするなど、水着になったことで彼との関係が冷戦状態に陥らないように気をつけて。

無理をしてお腹を出さない

普段、お互いの裸をまじまじとみる機会はないはず。夜のベッドタイムもあくまでも暗闇で、明るいところではっきりと目にする機会はないでしょう。自分でお腹がでていると分かりながら、あえて色っぽいビキニを選ぶ人もいますが、やはりたるんだお腹をみせるのは、あまりよろしくありません。無理をせず、お腹を隠せる水着を選んで、かわいらしい印象をキープしましょう。

嫉妬しない

プールに行くということは、自分以上にスタイルのいい女性たちがたくさん集まっています。彼と一緒に行くと、おそらく彼の目は彼女をみながらも別の女性をチェックしているはず。本来はその場で怒りたくなりますが、だったら最初からプールデートなんてしなければいい話。彼に対して嫉妬をしたことで、せっかくのデートが台無しにならないように注意しましょう。彼も彼で束縛タイプなら、みんなの前でわざわざ水着にならなくてもいいのかも!?

休憩を挟みながら楽しむ

プールに入ると開放的な気分になって、ついはしゃいでしまいますが、普段運動をしていない人がいきなりプールで遊び通すのは危険! お互いにインドア派、あるいはそこまで体力に自信がないなら、必ず30分を目安に休憩を挟みましょう。
プールとはいえ紫外線が降り注いでいる中、泳いだり歩いたりするのは予想以上にしんどいものです。疲れすぎて二人してイライラしないように! ドライブデートを兼ねてプールに来ているなら、帰り運転をすることも忘れてはいけません。

いかがでしたか? 彼とプールデートなんて、みんなに自慢したくなるほどのリア充! とはいえ、最初から最後まで仲良く過ごさないと、せっかくのお休みがもったいない。
貴重な時間をケンカだけで終わらせないためにも、お互いに気を配りながら、翌日まで疲れがでない範囲でプールデートを満喫しましょう。最後、解散するときには運転をしてくれた彼に、なにかお礼をしておくと、さらにいいかたちで終えられます。