目標を逃したらヤバイ…モンテッラ監督がボソリ

写真拡大

『Corriere dello Sport』は29日、「ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、今夏の補強について語った」と報じた。

2013-14シーズン以来チャンピオンズリーグに出場できていないミラン。中国資本になったクラブは、今夏2億1000万ユーロ(およそ271.2億円)を投じて大補強を行った。

この投資はファンの期待を大きく高めている半面、これで結果が出なければ問題を生じさせる可能性があるとも。

モンテッラ監督は今季のチームについて以下のように話し、責任は感じているがモチベーションは高いと語った。

ヴィンチェンツォ・モンテッラ

「クラブとの約束は、ファンの情熱を無駄にしてはいけないということだ。期待を裏切ってはならない。

もし我々が目標を達成できなかった場合、経済的にも、クラブのイメージという点でも、非常に大きなダメージになるだろう。

しかしながら、これはイタリアにおける競争を高めてくれるものだ。我々のような補強戦略を持っていないクラブであっても、まだ計画の立案という点で先んじている者がいる。

我々は準備ができている選手を選び、素晴らしい契約を結べる。彼らはトッププレーヤーである。ミランのレベルでも、セリエAのレベルでもだ。

従って、私は考える。ポテンシャルはあると。そしてそれが開花するのは時間の問題だとね。

我々は確実性を持っているし、選手は今後成長することが出来るだろう。

この仕事をやるからには、責任から逃れることは出来ない。このチームと共に歩めることが幸せだ。

大きな責任を感じているよ。しかし、とてもモチベーションは高い」