「戯言遣い&玖渚友」(イラスト:竹)©西尾維新/講談社

写真拡大

西尾維新の作家デビュー15周年を記念した「西尾維新大辞展」がいよいよ開幕しました!

西尾維新大辞展の写真をさらに見る

会場には人気シリーズの世界観をリアルに楽しめる展示が盛りだくさん。ファン垂涎のお宝も多数展示されています。そこで今回は西尾維新にまつわるさまざまなトリビアをご紹介します。

アニメやゲームなどさまざまなメディアミックスで話題を呼んだ『〈物語〉シリーズ』、新垣結衣主演でドラマ化された『掟上今日子の備忘録』など、数々のヒット作を世に送り出してきた作家・西尾維新。

しかし、その名声とは裏腹に、今まで一度もメディアで顔出ししたことはなく、謎多き作家とも言われています。まずは改めてプロフィールから。

西尾維新は1981年生まれ。2002年に、『クビキリサイクル』 (講談社)で、第23回メフィスト賞を受賞し、デビューしました。この時なんと20歳!

当時のキャッチコピーは「京都の二十歳、西尾維新」。若き天才の出現にライトノベルファンたちは騒然となりました。

以降、同作に始まる「戯言シリーズ」や「〈物語〉シリーズ」など、ベストセラーを次々に上梓。

宝島社が毎年発表している『このライトノベルがすごい!』でも度々1位に輝いているほか、作家別売り上げランキングでも、2012年・2014年と2度にわたって1位を獲得しています。

また小説家としてのみならず、『めだかボックス』などでは漫画原作者として、「〈物語〉シリーズ」のアニメBlu-ray&DVDではオーディオコメンタリーの脚本を担当するなどマルチな才能を発揮。

今もっとも活躍するクリエイターの一人、と、とにかく作家として超売れっ子なわけですが、私生活に関しては謎のまま。一体どんな人物なのか、気になりますよね〜? そんな疑問に答えるべく、彼にまつわるいくつかのトリビアを見ていきましょう。

1日に3万字! 驚異的な速筆はもはや神ワザ!

西尾維新を語る上で外せないのが、その執筆の速度。デビュー前には1度の文学賞に2、3作品投稿したり、12カ月連続で小説を発表したことがあるなど、その筆の速さは業界随一とも言われています。

現在の1日の執筆量は3万字。なんと400字詰めの原稿用紙で75枚! それも、もともとは2万字を目標にしていたのが、読書の時間を捻出するために1万字増やしたというからハンパじゃありません。

1日に3万字も書いて、まだ読書を楽しむ余裕があるなんて、もはや超人レベルです……。ちなみに1日に書いた文字数、執筆速度は「ほぼ日手帳」で管理しているそう。

元は漫画家志望だった? 小説家転身の理由とは!?

今でこそ、日本を代表する作家のひとりとなった西尾維新ですが、もともとは大の漫画好きで、漫画家になるのが夢だったそう。

しかし思うように絵が上達しなかったことから、「活字なら印刷の良し悪しも出ない」と考え、小説家を目指すようになったそうです。

ということは、もし漫画家になっていたら、日の目を見ることがなかった作品もあるのかもしれないですね。そんな彼の好きな漫画のジャンルは「少年ジャンプ的なもの」と少女漫画。

特に『ジョジョの奇妙な冒険』の熱烈なファンであることを公言しています。2011年には、「ジョジョ」シリーズの公式ノベライズ企画「VS JOJO」へも参加。憧れの作品とのコラボを果たしました。

不思議なペンネームに隠された謎とは?

西尾維新という名前はもちろん本名ではありません。なぜこんな風変わりなペンネームをつけたかというと、実はここにも彼らしい仕掛けがあるのです。西尾維新を発音記号で表記すると[niʃioiʃin]。

そう、頭から読んでも終わりから逆に読んでも同じ回文になっているのです。また、ローマ字で表記すると[NISIOISIN]となり、図形として点対称で読むことができます。

言葉遊びを多用したストーリーテリングや台詞回しは、西尾維新のお家芸ですが、それがペンネームにもよく表れていますね。ちなみに「戦場ヶ原ひたぎ」「掟上今日子」といった風変わりなキャラクター名をつける理由としては、名前だけでキャラクターを定義したいとの思いから。

単純に珍しい名前を付けているわけではないとのことでした。

実は旅行が趣味!? 旅先で書いた作品も!

プライベートに関してはほとんど情報が出ていない西尾維新ですが実は大の旅行好き。日本全国を旅しており、四国八十八箇所巡礼、いわゆる“お遍路さん”をしたこともあると言います。

ただちょっと変わっているのが、旅の仕方。事前に手帳に地図を書いておき、その地図を見ながら行動するのですが、この地図をできるだけいい加減に書くいておくのだそう。その理由は「道に迷うのが好きだから」。うーん、独特……。

ほかには、都道府県名や観光名所、テーマパークなどをランダムに書き出し、ビンゴマシンで出た数字のところに旅をするという、ダーツの旅ならぬビンゴの旅を実践したこともあるとか。

「刀語」シリーズや「掟上今日子の旅行記」など、西尾作品には旅がモチーフの物語も多いですが、それもご本人の旅好きに由来するのかもしれませんね。

先日発売されたばかりの「〈物語〉シリーズ」最新刊『忍物語』は旅行先で書かれたそうですよ!

実体に迫るつもりが、もっと謎が深まるようなトリビアばかりになってしまいましたが、やはりそこは天才。凡人にはわからない世界があるということでしょう!

しかし、今回の「西尾維新大辞展」では、そんな謎のヴェールに包まれた西尾維新の製作風景にも大胆に迫っているので要チェックです。

いつも執筆作業にあたっている机を会場内に再現したほか、驚異の速筆を体感できるコーナー、そして1日の過ごし方を記したスケジュールなど、これまで明かされてこなかった西尾維新の全てを大公開。

もちろん、100冊を超える著作の紹介や名シーン、決め台詞集なども盛りだくさんで、西尾作品の世界にどっぷり浸れる、まさに“辞典”の名にふさわしい濃密な展示となっています。

さらに、西尾本人によるオリジナル脚本を、豪華声優陣がナレーションした音声ガイドが3種類も! 何度も足を運んで楽しめる仕掛けが満載です。西尾ワールドの15年間の集大成をどうぞお見逃しなく!

『西尾維新大辞典』

7月27日(木)〜8月7日(月) 松屋銀座 8F イベントスクエア
8月9日(水)〜8月21日(月) 大丸心斎橋店 北館14F イベントホール
前売り券 一般1000円