全英チャート、リンキン・パークのアルバム3枚がトップ10に再登場

写真拡大

今週のUKアルバム・チャートは、ラナ・デル・レイの5枚目のスタジオ・アルバム『Lust For Life』が初登場で1位を獲得した。彼女にとってセカンド『Born To Die』(2012年)、サード『Ultraviolence』(2014年)に続く3枚目の全英1位となった。

◆リンキン・パーク画像

2位には、ザ・ビューティフル・サウスのポール・ヒートンとジャクリーン・アボットのコラボ『Crooked Calypso』がチャート・イン。エド・シーランの『÷』が3月初めにリリースされて以来、初めて3位へランク・ダウンした(先週は2位)。

今週は、チェスター・ベニントンの訃報を受け、リンキン・パークのアルバム3枚がトップ10に再エントリーしている。デビュー作『Hybrid Theory』(2000年)が4位、最新作にしてチェスターの遺作となった『One More Light』が5位、セカンド『Meteora』(2003年)が7位に入った。

リンキン・パークのアルバムはさらに、サード『Minutes To Midnight』(2007年)が15位、4枚目『A Thousand Suns』(2010年)が38位、5枚目『Living Things』(2012年)が49位、ジェイ・Zのコラボ『Collision Course』(2004年)が70位、リミックス・アルバム『Reanimation』(2002年)が71位、6枚目『The Hunting Party』(2014年)が91位と、スタジオ・アルバム7枚全てを含む計9枚がトップ100入りした。

今週のトップ10にはトップ2枚のほか、タイラー・ザ・クリエイターの4枚目のスタジオ・アルバム『Flower Boy』が9位、ディジー・ラスカルの6枚目『Raskit』が10位に初登場している。

シングル・チャートは、Luis Fonsiの「Despacito」が2位からトップに返り咲き、10週目(非連続)の1位に輝いた。先週、彼から首位の座を奪ったDJキャレドの「Wild Thoughts」は2位に後退。フレンチ・モンタナの「Unforgettable」が3位をキープした。今週新たにトップ10入りしたのは1曲のみで、ジェイムス・アーサーをフィーチャーしたルディメンタルの「Sun Comes Up」が10位をマークした。

Ako Suzuki