『1日1分美骨ピラティス ダイエット』(SATOKO/光文社)

写真拡大

 女性の体にまつわる悩みを骨格で変える「美骨ピラティス」を紹介する、『1日1分美骨ピラティス ダイエット』が2017年7月19日(水)に発売された。

「ワキ肉がはみ出ている」「肩がこる」「猫背」「内もものゆるみ」「お尻が垂れている」「前ももがパンパン」「腰が反っている」―女性の体の悩みは、だいたい以上の7つに集約される。これらはみな、骨が本来あるべき位置からズレていたり、骨と骨の間に余計な肉が詰まっていたり、骨と骨の間の筋肉がこっていたり、ゆるんでいることが原因。

 これらの骨に関わるトラブルを解消し、一生「たるまない」「タレない」「デブに見えない」美骨格(美骨)づくりを目指すのが「美骨ピラティス」だ。運動神経ゼロの人でも簡単にできる「ゆるめる・のばす・つなげる・ひきしめる」という4つのステップで、1日1分、約1カ月で骨格を「美骨」に変えることができる。

 例えば「肋骨をイメージした呼吸」では、椅子などに座り、背筋をまっすぐに保つ。あとは親指を後ろにして両手を肋骨の外側に置き、呼吸に合わせて両手が広がるのを感じるだけ。肩まわりのほぐし方も、少し硬めに丸めたタオルをワキの下に挟み、この状態で肩を上げ下げ。その後に肩を内側、外側にまわすだけでOK。職場でも自宅でも簡単にできるエクササイズで美しい体を手に入れよう。
◆「美骨ピラティス」詳細動画http://www.kobunsha.com/special/bijin-jikan/satoko/

SATOKO(サトコ)
「美骨ピラティススタジオ Bicotty」主宰。1970年、大阪府生まれ。20歳からエアロビクスインストラクターとしてフィットネス全盛期に活動。20代前半に出産を経て、ヨガ、ピラティス、ウェーブストレッチ、ジャイロキネシスを指導。歳を重ねるごとに変化していく女性の身体について、様々な運動法を実践した経験から独自の「美骨ピラティス」を考案する。エクササイズ指導者としてこれまで27年間、月に約100本のレッスン指導を担当し、20代から70代の女性の身体と日々向き合っている。トレーナーとして活動するほか、プログラム開発やスタッフ研修等の他社企業の運営業務にも従事。光文社『美ST』のTEAM美魔女メンバーとしても活動している。

※掲載内容は変更になる場合があります。