打首獄門同好会の「会長」で、作詞作曲を手掛けるギターの大澤敦史氏。

写真拡大

「日本の米は世界一」「カモン諭吉」「私を二郎に連れてって」……。歌詞はコミカルだが、サウンドは豪快。そんな「生活密着型ラウドロック」というジャンルを突き進むバンド「打首獄門同好会」。今年5月には「持ち歌にラブソングが一曲もないアーティスト」としてテレビに取り上げられた。その不思議な魅力とは――。

■ラブソングが一曲もないアーティスト

2017年5月21日、テレビ番組「さまぁ〜ずの神ギ問」(フジテレビ系)で、「持ち歌にラブソングが一曲もないアーティストっているの?」という疑問に対し、1位になったのが「打首獄門同好会」(以下、打首)というバンドだ。番組によると、「アルバムを1枚以上出しているアーティストの中で、ラブソングを歌っていないのは75組。その中で一番楽曲を出していたのは打首の71曲」だった。

何とも、おどろおどろしいバンド名だが、ギター、ベース、ドラムの3人構成で織りなすサウンドは、重厚で多彩。しかも、歌詞の対象は、お米やラーメン、漬物といった食品から、花粉症や虫歯、薄毛など日常生活の一端まで、ゆるくて楽しいものばかりだ。

そのなかにラブソングがあってもよさそうなものだが、作詞作曲を手掛けるギターの大澤敦史は、こう語る。

「天邪鬼な性格なので、フツーの枠にはまりたくないんでしょうね。若者をターゲットにして思春期に響くワードを探ると、フツーは恋愛に関わる言葉になってくる。分かるんだけど、僕はやってても面白くないなって」

リスナーにこびるのではなく、あくまでも純粋に自身が楽しめるものを見つけて、市場に楽曲を提供するという姿勢なのだ。曲作りのヒントは、大澤自身がその時々で引っ掛かった事柄だという。たとえば「私を二郎に連れてって」は、カルト的な人気があるラーメン店「ラーメン二郎」が、大澤のマイブームになったことがきっかけだった。

加えて、大澤が何度も口にしていたのは、「自然体」という言葉だ。

「僕は何に対しても基本的に“自然体”というのがあります。ムリしても長く続かない。素のままの方が長続きするんです」

肩肘を張らず、自分に素直に。そして自らが楽しむことをモットーに音楽に向き合う。10代に目覚めた“音楽少年”の気持ちそのままに、今も音楽に取り組んでいるのだ。そして、打首の特徴は、3人というシンプルな構成でありながら、3人全員がボーカルを担当しているところだ。しかも、ドラムの河本あす香、ベースのjunkoは女性である。

■ミュージック・ビデオに力を入れる理由

「意図したことではなく、偶然です。最初、ベースは男性でしたが、途中で抜け、新たに女性が加入しただけのこと。でも、結果的に女性ボーカルのパートが増え、バンドのカラーがキャッチ−になったと思います」

個性的な楽曲に加え、ボーカルも男女の歌声で多様性が広がったというのだ。さらに、打首のもう一つの特徴はミュージック・ビデオ(MV)にある。大澤もMVを重視していることを認めて、こう語る。

「最初にMVを作ったのは、2008年。スナック菓子のうまい棒を歌った『デリシャスティック』です」

この時は予算がほとんど無かったため、1コマずつ写真を撮りまくってフォトショップで加工し、つなぎ合わせる“紙芝居”のような作りだった。仕上がりは手作り感満載。しかし、手応えは十分だった。2007年にYouTubeの日本語版がスタートしており、すでにネットで動画をみることは一般的になっていた。

以降、試行錯誤を繰り返し、あるMVが大きな話題を集めることになる。おカネをテーマとした「カモン諭吉」だ。ゲストにはシンガーソングライターの嘉門タツオを招き、1万円札の山をメンバーが手ですくい、部屋じゅうを1万円札だらけにするシーンが印象的だ。

「こんな画がほしいねって話になって、前のマネジャーに『社長に5000万円貸してくれって頼んで』って言ったんです。シャレが通じる社長なので、もしかしたらって思ったから。そうしたら、『2000万円ならいいぞ』って(笑)」

つまり、MVに出てくる1万円札はホンモノ。撮影後は、バラまいたカネを集めるのに一苦労だったという。

「思いきりすくい上げたりしたものだから、電気の笠などに引っ掛かったりしていて、メンバー、スタッフ全員で一斉捜索しました。無事、全部集めて戻したところ、夜中にマネジャーから『治安がいいね』ってメールがきました(笑)」

■武道館ライブは最大のチャレンジ

ライブバンドとして実績を着実に積み重ねながら、ユニークなMVを次々と作り続けた。その結果、2015年発表の「日本の米は世界一」は、再生回数で100万回超というヒット曲になった。再生回数は増え続けており、7月12日現在、266万回を記録している。来年3月には日本武道館でのライブを予定している。結成13年、デビュー10年。いまや中堅クラスのバンドだが、武道館に立つのは初めてだ。

「13年のキャリアですが、ワンマンライブの数は少ないバンドで、やる場合は挑戦型。武道館でのライブはバンド結成以来、最大のチャレンジです」

過去のワンマンライブは2016年のお台場Zepp Tokyo、17年の新木場Studio Coast。いずれも観客動員は約2000人。それがいきなり7倍の約1万4000人だから、最大の挑戦と言うのもうなずける話だ。その挑戦を成功させるため、武道館までの1年間で4枚の連続リリース、北海道から九州まで9ブロックの音楽フェスへの参加、47都道府県でのライブ実施といった「公約」を掲げている。ひとまず7月12日には最新シングル「夏盤」を発売した。

「ちょっと背伸びしながら、楽しむことを忘れずにこれからもやっていきたい」

はにかみながらも、大澤の表情は明るい。来年、ブレイクの予感がする打首。武道館でのライブをみるのが楽しみだ。

(文中敬称略)

(ジャーナリスト 山田 厚俊)