17F1第11戦ハンガリーGP予選。フロントローを独占したフェラーリのセバスチャン・ベッテル(左)とキミ・ライコネン(2017年7月29日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】17F1第11戦ハンガリーGP(Hungarian Grand Prix 2017)は29日、予選が行われ、ドライバーズ選手権で首位に立つフェラーリ(Ferrari)のセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)がポールポジションを獲得し、チームメートのキミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)とともにフロントローを独占した。

 ベストラップ1分16秒276を記録したベッテルはハンガロリンク(Hungaroring)で3度目、通算では48度目のポールポジションを獲得し、選手権で2位につけるメルセデスAMG(Mercedes AMG)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)とのポイント差を広げる完璧なチャンスを手にしている。

 ベッテルは「今日のマシンは信じられないくらい素晴らしかったし、このトラックを愛している。フロントロー独占は素晴らしい。とにかく最高だ。前戦は良くなかったけれど、今のチームの出来に満足している」とコメントしている。

 3番手にバルテリ・ボッタス(Valtteri Bottas)、4番手にハミルトンとメルセデスAMG勢が2列目に続いた。

 以下5番手と6番手にはマックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)、ダニエル・リカルド(Daniel Ricciardo)のレッドブル(Red Bull)勢が並び、7番手にはルノー(Renault)のニコ・ヒュルケンベルグ(Nico Hulkenberg)がつけた。8番手には36歳の誕生日を迎えたマクラーレン・ホンダ(McLaren-Honda)のフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)、9番手にはチームメートのストフェル・バンドーン(Stoffel Vandoorne)が続いている。
【翻訳編集】AFPBB News