インテル監督がペリシッチのマンU移籍に待った! 提示した放出の条件とは

写真拡大

スパレッティ監督が「マルシアル+金銭」の好条件を要求

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは、新シーズンに向けた補強として日本代表DF長友佑都が所属するインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチの獲得を狙っているが、インテル側がかなり厳しい条件を突きつけた模様だ。

 英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

 ペリシッチは主に左サイドを主戦場とするアタッカーで、2011年に加入したドルトムントで日本代表MF香川真司らとともにプレーして頭角を現した。ヴォルフスブルクを経て15年にインテルに移籍すると、左サイドで長友とコンビを組むことも多かったアタッカーは、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督にとっては獲得を熱望する存在になっている。

 しかし、新シーズンに向けて戦力の見極めを行っているインテルのルチアーノ・スパレッティ新監督は、ペリシッチの移籍にはユナイテッドから好条件を引き出さない限り認めない方針を固めたという。

 それが、ユナイテッドのFWアンソニー・マルシアルに金銭を加えた条件というもの。マルシアルは一昨季に、当時のルイス・ファン・ハール監督の肝いりでユナイテッドに移籍加入し、成果ボーナスが満額までいけば1億ユーロ(約130億円)を超える移籍金になるとして話題を呼んだ。

ペリシッチの放出には「強く反対」

 また、英衛星放送「スカイ・スポーツ」によれば、スパレッティ監督はペリシッチの移籍には「強く反対」であるとして、「代わりの選手を見つける時間が短くなれば厳しくなる」とも話しているという。マルシアルを交渉条件に含める背景には、そうした事情もありそうだ。

 果たして、ユナイテッドは将来性に大きな期待をかけて獲得したFWを放出してまで、クロアチア代表アタッカーにこだわるのか。モウリーニョ監督を含む、ユナイテッドの判断に注目が集まる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images