イギリスの研究で判明!あるものを使って数を数えることで、算数の成績がアップした件

写真拡大

イギリスで、幼児に数を教える時にあるものを使わせることが、算数の成績向上にとても有効だという研究が発表されました。

姿勢の良さと成績は比例する!? 子どものからだチェックポイント8つ

実は日本では結構当たり前にやっていることなのです。例えば、小さな子どもに「年はいくつ?」と聞くと、ほぼ全員あるものを示しながら「2歳」とか「3歳」と教えてくれます。

10までの数を示す時、大人でもよく使うあるものとは?

今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、この研究についてお話しします。

イギリスのシーフィールド・ハラム大学とブリストル大学の研究

研究は、6〜7歳の小学生137人を対象に行われました。

子ども達は5つのグループに分けられ、算数の学習に、下記のようにそれぞれに違う条件を与えました。

Aグループは、教師指導で指の訓練をさせましたBグループには、教師指導で、ドミノ(サイコロの目のようなドットがついた牌を並べるゲーム)や蛇とはしごゲーム(欧米で古くから親しまれているボードゲーム)のような数のゲームをさせましたCグループは、教師指導で、指の訓練とゲームの両方をさせましたDグループは、研究者による指の指導と数のゲームの両方をさせましたEグループは、これまで通りの典型的な算数の指導を教師が行いました。

さて、もうおわかりですね。あるものとは指なのです。

指の訓練は、言われた数字を指で示したり、1から5を指で数えたり、両手の指合わせをしたり、特定の指を使って色の線をなぞらせたりしました。グループ毎に、週2回、30分のセッションを4週間続けました。

その後、各グループに数の認識や計算のテストを行い、それぞれのグループの子ども達が、どれくらい正解できるかを調べたのです。

その結果、AグループとBグループは、教師による典型的な指導のEグループより、成績が少し良いという結果が。そして、数のゲームと指の指導の両方を行ったCグループとDグループは、成績が大幅に向上したのです。

すなわち、子ども達に数のゲームをさせたり、指を使わせると成績が上がったということ。指を使うことが奨励されなかったこれまでの指導法より、指を使わせる方が、計量的能力が向上するという結果を得たのです。

指のトレーニングは、子ども達の算数の能力向上に、有効な手段になり得ると研究者は言っています。

なぜ指を使うといいの?

指は、どこにいても何をしていても目に触れるものですし、なにより身体で覚えることができるのが強みです。

小さな子ども達は、まだものの数を瞬時に把握したり、素早く足したり引いたりすることができません。

そんな時、ものを指さしたり触ったりしながら、「ひとつ、ふたつ、みっつ」と数えたり、指を折って数えると、視覚、触覚、聴覚をフル回転しながら、覚えられるわけです。

皆さんは、指先を使うことが、脳を活性化せるとか脳の老化を防ぐというのを聞いたことがありませんか?

その理由は、指先には細かい末梢神経がたくさん集まっていて、指先をつかうと、その刺激が脳に伝わり脳が活発に働くからです。そう考えると、指を使わせた子ども達の成績が良かったというのもうなずけますね。

小さい子どもに数を教える時、私達日本人は指を使って教えることが多いです。日本では当たり前におこなっている指を使って数を表したり、数えたりする方法が、数の概念や計算の学習に有効だと科学的に証明されたのです。

幼児期にはどんどん指を使わせて、楽しみながら数を教えていきましょう。

指を使って数を表す習慣のある日本人としては、ちょっとうれしくなるような研究結果でした。

<参考>Mathematics at Your Fingertips