ビジネスシーンにマッチする黒&グレーのスクエアリュック

写真拡大 (全5枚)

ビクトリノックスのマルチツールは、実用性はもちろんのこと、その美しいデザインが所有欲をくすぐるアイテム。そのビクトリノックスが手がけるバッグも、機能美にあふれています。このたび、ビジネスバッグシリーズ「アーキテクチャー アーバン」が刷新して、新アイテムを9月1日よりリリース。そのラインナップの中から、リュック、もしくはリュックにもなる4アイテムをピックアップしました。

▼ラート

まずは「ラート」(4万1040円)。18×34×46cmというサイズのラップトップ用バックパックで、17インチのノートパソコンやタブレットを収納できます。ミリタリー用品などにも使われる、強度が高く高品質のコーデュラナイロンを採用。重さは約1.52kg。28リットルと大容量なので、日常使いのほか旅行や出張などにも活躍しそうです。

▼コルビュジェ

18×32×46cmというサイズのラップトップ用バックパック「コルビュジェ」(4万6440円)は、14インチのノートパソコンやタブレットを収納できます。容量は26リットルで、重さは1.15圓函屮蕁璽函廚茲蠅盞變漫ファイル用の裏地付きラージポケットほか複数のポケットつきで、さまざまな仕事用具を持ち運べます。

▼デュフール

「デュフール」(5万7240円)は、13インチPCやタブレットを収納できる3ウェイキャリーバッグ。持ち手を付け替えることで、バックパック、縦型トート、横型ブリーフの3通りの形で使えます。さらに、マチ幅が拡大して収納能力をアップさせるエキスパンダブル機能もあるため、出張先で荷物が増えたときなどでも便利です。

▼ボルテール

最後に紹介するのは、口折れのデザインが特徴的な「ボルテール」(4万8600円)。取り外し可能なショルダーストラップにより、トートバッグとバックパックの2Wayで使えます。幅太のジッパーやレザー遣い、マルチツールからインスピレーションを受けたジッパープルなど細部にもこだわりが。また、リサイクル素材「Nüwa(ニューワ)」を採用したエコロジカルなコレクションです。

 

「ラート」と「デュフール」は3色展開、「コルビュジェ」と「ボルテール」は2色展開。このラインナップなら、用途やデザインの好みに合ったものが見つかりそうです。

>> ビクトリノックス

 

(文/&GP編集部)