タフな戦いを制してベスト4進出の虫賀愛央(愛知/一宮市立奥小学校)

写真拡大

「第35回 第一生命 全国小学生テニス選手権大会」(東京都世田谷区・第一生命相娯園グラウンドテニスコート/7月28〜30日)の大会2日目は、男女シングルス3回戦と準々決勝などが行われた。

 女子は予定通りに全試合が開催され、ベスト4が出揃った。2日目に苦戦が続いたのは第2シードの虫賀愛央(愛知/一宮市立奥小学校)。3回戦の相手となった齋藤咲希(千葉/柏市立増尾西小学校)はラリーを長くつないでくるタイプ。自らのミスでなかなかペースをつかめず、両セットともわずかの差だったが、6-4 7-6(3)で制した。

 準々決勝の相手となったクロスリー真優(東京/文京区立窪町小学校)は5年生ながら勝ち上がってきた。こちらも粘り強く、しかも深く正確な球を返し、鋭いカウンターも放つ。

04croslley.jpg

(写真)ベスト8に勝ち上がったクロスリー

「深いボールを多く打とうと意識した」クロスリーが序盤はペースをつかみ、いきなり4ゲームを連取する。しかし、深い球に慣れてきた虫賀愛央が追い込まれて気持ちにスイッチが入ると、一気に6ゲームを奪う大逆転で第1セットをとる。

 第2セットは1ゲームを奪い合う互角の展開が続いたが「3回戦が競った戦いだったから体力的にきつい」と虫賀愛央が終盤に集中力を一気に高め、5-5から2ゲーム連取で準決勝に駒を進めた。

saitosara.jpg

(写真)2回戦から3戦ともストレート勝ちの齋藤咲良

 そのほかの準々決勝では、第1シードの虫賀心央(愛知/一宮市立奥小学校)、第13〜16シードの齋藤咲良(群馬/前橋市立二之宮小学校)、第5〜8シードの石井さやか(東京/私立青山学院初等部)が危なげない戦いぶりで準決勝に進出した。

テニスマガジン/Tennis Magazine◎池田 晋)