ラキティッチ、メッシがゴール

写真拡大

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)、レアル・マドリード対FCバルセロナの今シーズン初のクラシコが日本時間30日9時にキックオフを迎えた。

【関連記事:米国クラシコ バルサの“粋”】

アメリカでの記念すべき初開催のクラシコは開始6分でバルサが2ゴールを奪うと、12分にコバチッチ、36分にアセンシオが決め、スコアは2-2となったところでハーフタイムを迎えた。前半から激しい展開となった。

試合序盤、いきなり先制点を決めたのはバルサだった。
前半2分、メッシが中央で一度はボールを奪われるも、ルーズボールをブスケツがすかさずメッシにパス、ペナルティーエリアに侵入したメッシがシュート、ヴァランに当たったボールは浮き上がりGKは反応できずゴール。(0-1)

さらに6分、ペナルティーエリア付近でネイマールが横にパス、スアレスに届くもトラップせず遠くなったボールをラキティッチがミドルシュート、ゴール右に突き刺しマドリーの出鼻を完全にくじいた。(0-2)

11分、ネイマールのFKをスアレスが胸トラップしてシュート、惜しくもゴールならず。

バルサの2得点で試合を支配したかに思われた12分、マドリーが意地を見せる。
12分、コバチッチがカゼミーロとのワンツーで抜け出すとドリブルで中央突破、ペナルティーエリア付近から放った強烈なシュートはゴール右に吸い込まれた。(1-2)

28分、バルサがカウンター、マドリーの攻撃を食い止めると前線のスアレスにパスが通る。マドリー陣地深いところまでボールを持ったところでネイマールにパス、ペナルティーエリア内に侵入したネイマールはフェイトで相手を揺さぶってからシュートするもゴール左僅かに逸れていった。

36分、マドリーがバルサに攻められる展開が続く、一瞬のスキを突き、スコアを振り出しに戻す。
マドリーのカウンター、アセンシオが味方の折り返しのパスをペナルティーエリア内で受け取り、フリーでニアサイドに叩き込んだ。(2-2)

両チームの先発メンバーは以下の通り。
【レアル・マドリード】
GK
ケイラー・ナバス

DF
マルセロ
セルヒオ・ラモス
ヴァラン
カルバハル

MF
カゼミーロ
コバチッチ
ルカ・モドリッチ

FW
ガレス・ベイル
マルコ・アセンシオ
カリム・ベンゼマ

【FCバルセロナ】
GK
ヤスパー・シレッセン

DF
ジョルディ・アルバ
サミュエル・ユムティティ
ジェラール・ピケ
アレイクス・ビダル

MF
セルヒオ・ブスケツ
アンドレス・イニエスタ
イヴァン・ラキティッチ

FW
ネイマール
レオ・メッシ
ルイス・スアレス