「弱い奴が言ってるだけ」ベルナルデスキ、古巣ファンの批判にボヤく

写真拡大

『Gazzetta dello Sport』など各メディアは、「ユヴェントスに加入したイタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキは、古巣のファンの一部に苦言を呈した」と報じた。

先日フィオレンティーナからユヴェントスに移籍することが決まったベルナルデスキ。違約金は3500万ユーロ(およそ45.2億円)に達した。

ライバルへの移籍ということで、かつて同じ道を辿ったロベルト・バッジョと比較されている。そして、同様にフィオレンティーナのファンからは激しい批判も…。

記者会見でベルナルデスキは以下のように話し、批判は弱いものが行うものだと苦言を呈した。

フェデリコ・ベルナルデスキ

(ユヴェントスに移籍したことで、フィオレンティーナの一部のファンがかなり怒っているようだ)

「これは少し微妙な話題だと思う。

思うに、これは今日我々が生きている世界の中にある、不健康な社会の一部だ。死や病気を願うようなソーシャルメディアの書き込みはね。

この状況でも僕の幸運を祈ってくれたファンには感謝しているよ。

こんなことを言ってくれた人もいるんだ。『我々はもう君をサポートしないが、それでもプロとして成長することを願っている』と。感謝すべき人だ。

社会の一部は健全だ。それを支持するべきだ。僕は彼らに感謝している。

しかしながら、社会の不健全な部分からは離れていくべきだと思っている。僕は強い自己を持っている。何の問題もない。

こういうもの(批判)は、脆弱な人間が送ってくる。そして、それは今日の世界における社会的な問題である」
フェデリコ・ベルナルデスキ

(ロベルト・バッジョと比較されているね?)

「バッジョはバッジョだよ。彼のような人は誰もいない。僕の見解では、比較というのは常に間違っているものだ。なぜなら、生きている人間は誰もが違った存在であるからだ。

おそらくバッジョはイタリアの歴史上で最も偉大な選手だ。彼と僕とを比較するべきではないと思うよ。それだけのものを彼は見せてきた。

比較はお世辞だね。彼に対して少し失礼だと思うよ」

(ブッフォンやデル・ピエロが君を称讃していたね)

「言い過ぎだよ。でもありがたいね。

ユヴェントスとの交渉は長く、簡単なものではなかった。しかし、彼らが見せてくれた信頼に感謝したい。

代理人にも感謝したい。彼はとても親密に尽くしてくれた。最終的に、交渉を合意に至らせることができたよ。

賞賛を受けて?そのような言葉を公にしてくれたことに感謝したいね。本当に嬉しい。

デル・ピエロやブッフォンのようなレジェンドに評価されるなんて、僕のような若手にとっては望むべくもないことだよ。本当に興奮するね。

ブッフォンは同じカッラーラの出身で、いつもお手本だった。まあ、それは世界中の皆がそうだろうけどね」