小林麻央さんと同じ“乳がんステージ4”のライター「乳房を取るしかないと言われて…」

写真拡大

 こんにちは。女子SPA!ライターのミフルです。

 先日、乳がんで小林麻央さんが亡くなられてしまいましたが、そのニュースをみて、私はすごく辛く、胸が苦しく、悲しい気持ちになりました。

 実は私も、小林麻央さんと同じステージ4の乳がんで治療中です。

 4年前の、会社の健康診断で受けた乳房の超音波で再検査となり、発覚。

「ヤバイ……私死ぬ!?」

 悪性腫瘍の大きさは5cmほど、他リンパ節と骨に転移がありました。リンパ節以外に転移があるとステージ4という診断になるようです。
 諸説ありますが、ステージ4の5年後の生存率は10〜30%台といわれています。

◆がん告知後、彼氏にフラれる

 がんを告知され、最初の1ヶ月ほどは、泣いてばかりいましたが、「辛い・悲しい」だけではなく「嬉しい・ありがたい」という感情から泣いたことも多かったです。

 本当に辛くなった時こそ、周りの人たちの存在の有り難さが分かる。

 親からはもちろんのこと、当時交際していた7歳下の彼氏、友人からの励ましや心遣いは、私を大いに勇気づけてくれました。

 しかしながら、何もかもが他人事に聞こえ「アンタに私の苦しさが分かるの!?」とひねくれ、優しさに反発する感情もありました。

「僕は医者じゃないから病気は治せないけど、心の医者になるから。辛いコト・苦しいコトなんでもぶつけてくれていいからね」

 と彼氏がくれた素敵な言葉を、鵜呑(うの)みにしたワケではないですが、優しさにかまけて当たり散らして、しまいには逃げられたりもしました……。

 病人だから、難病だから、情緒不安定だから、といって何でも許されるワケではありません。

「がんになった運命を呪いたかったが、いい歳して結婚もしないでフラフラして、自炊も運動もしないで、お酒にタバコもやってきた罰かもしれない」

 がんの原因は不明とされているものの、食生活の乱れ・運動不足・飲み過ぎ・タバコと不摂生の権化だった私には、思い当たる節があり過ぎて、きっとそうではないのにがんになってしまった人と比べたら、同情の余地はなかったのかもしれない…そんな思いが駆け巡りました。

◆医師から「乳房全摘手術をするしかない」

「ただ、見つかったからには、最善を尽くして一刻も早く治したい」

 小林麻央さんはがんを告知されてから、しばらくは標準治療である乳房切除手術や抗がん剤、放射線治療等は、すぐにせず他の治療方法を模索していたと聞きます。しかし、その判断が本当は間違っていたのではないかとも言われているようです。

 乳がんは一定以上の大きさになってしまうと乳房全摘は免れない。そして若年の進行性のがんは多臓器への転移も早い。私も、最初は担当医師からは「乳房全摘手術をするしかない」と言われました。

 嫁にもいってないのに、子供もいないのに、片乳になるのはさすがに辛い。泣けた…。

◆すぐに標準治療を開始した理由

 その後、検査を繰り返し、病院から提示された治療の選択肢は

‘房全摘手術→抗がん剤→放射線治療→ホルモン治療
抗がん剤→(もしがんが小さくなれば)乳房温存手術→放射線治療→ホルモン治療

 の2択でした。乳房を残したければ抗がん剤を一刻も早く始めるしかないのです。

「乳房温存の可能性が少しでもあるのならば!」と私は迷わず、抗がん剤治療を始めました。

 小林麻央さんが色んな治療方法を探したように、もちろん私も抗がん剤治療をしながら、セカンドオピニオンを聞き、保険の効かない先端医療を調べ、話を聞きに行ったりしました(実のところは、憔悴していた私の代わりに、ほとんど母親が調べてくれたのでしたが)。

「免疫療法にレーザー療法、食事療法と、がんの治し方は千差万別で山程あり、どれを選ぶかは自由である。しかし、どの治療法も治る保証はない。」