ぷぅもなかなか小悪魔なところがあり、夫の口はよく舐めるのですが、私にはあんまり舐めてくれません。

まだぷぅが小さな頃に、あの有名な掃除機のごとく、ハイパワーの吸引力でぷぅの柔らかな唇を吸いすぎたせいか拒否されるように・・・。

どうやら私の重厚なKISS☆がしつこいと感じているようです。

夫の前だと甘えんぼのぷぅを嫉妬の眼差しで見つめる母。夫と私とぷぅの三角関係が昼ドラのようで、『女のぷぅ』恐ろしく手ごわいです。

この漫画を読んで下さった全ての方々に感謝を…