日本人の喫煙率男性28.2%、女性9.0% JTが調査、長期減少傾向に

写真拡大

JT(日本たばこ産業)は2017年7月27日、同年5月現在の「全国たばこ喫煙者率」を発表した。

それによると男女合計で18.2%(前年比1.1%減)、男性は28.2%(同1.1%減)、女性は9.0%(同0.7%減)だった。ともに前年より減っており、JTでは長期減少傾向にあるとしている。

この調査は毎年行っており、年代別でみると、男性は60歳以上の喫煙率が最も高く、次いで40歳代、50歳代、20歳代、30歳代。女性も60歳以上の喫煙率が最も高く、次いで40歳代、50歳代、30歳代、20歳代となっている。