大阪の公立・大冠が決勝へ進出 27年ぶりVへ最後の壁は「大横綱」

ざっくり言うと

  • 29日、高校野球選手権大阪大会の準決勝で大冠は上宮に3−1で勝った
  • 大冠は初の決勝進出で、1990年の渋谷以来、27年ぶりの公立校Vへあと1勝
  • 同校を率いて22年目の東山宏司監督は「公立で甲子園に行きたい」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング