準決勝に進出した花田

写真拡大 (全3枚)

「第35回 第一生命 全国小学生テニス選手権大会」(東京都世田谷区・第一生命相娯園グラウンドテニスコート/7月28〜30日)の大会2日目は、男女シングルス3回戦と準々決勝などが行われた。

 男子では花田海翔(福岡/北九州市立曽根東小学校)が3回戦で第1シードの大岐優斗(宮崎/宮崎市立加納小学校)を7-5 6-3、準々決勝は榊優太(大阪/枚方市立五常小学校)を6-2 6-3で倒し、準決勝進出。

 花田は「スピンが跳ねるし、スライスは止まったり、滑ったりするなどイレギュラーも多い」というクレーコートの特性を生かしながら、ドロップショットなどで大岐を走らせながら主導権を握った。

 準々決勝では深いスピンショットで榊を押し込むことで先手を奪い、相手の得意な強打を封じた。

(写真)ショットが決まり雄たけびを上げる坂本

 第2シードの坂本健英(神奈川/相模原市立若松小学校)は3回戦で三城貴雅(神奈川/藤沢市立鵠洋小学校)を6-1 6-3で下すと、準々決勝では中島暁(長野/塩尻市立片丘小学校)とフルセットにもつれる大熱戦。

 第1セットは坂本が5-5から2ゲーム連取でとるが、第2セットは「自分なりのプレーを全力でやろうとした」という中島に奪われる。第3セットも拮抗した展開となり、3-3から坂本がブレークしたのが決め手となり、7-5 2-6 6-4で中島を振りきった。

(写真)「大事な場面でリターンミスが出た」と肩を落とした中島

 男子準々決勝残りの2試合は降雨のため、明日30日に順延。石川晄大(東京/調布市立滝坂小学校)対ボウルズ ニコラス(神奈川/逗子市立小坪小学校)は6-4 2-5、大熊樂(東京/私立成蹊小学校)対前田優(大分/大分大学教育学部附属小学校)7-6(3) 3-3から再開となる。

テニスマガジン/Tennis Magazine◎池田 晋)