平尾昌晃さんの生前の思い出を語る五木ひろし

写真拡大

 21日に肺炎のため79歳で亡くなった作曲家の平尾昌晃さんの通夜が29日、都内でしめやかに営まれた。

 祭壇に飾られた遺影は、本人が一番気に入っていたという約10年前のもの。棺の中の平尾さんは派手な青のジャケット姿で、傍らにはゴルフボールやギターが供えられた。戒名は「音楽に多大な貢献をした」という意味の「慈嚴院照音晃道居士(じごんいんしょうおんこうどうこじ)」となった。

 家族葬で営まれ、親族、スタッフら約70人が参列。歌手は五木ひろし(69)、小柳ルミ子(65)、布施明(69)、水谷豊(65)、森口博子(49)の5人が参列した。

 平尾さん作曲の「よこはま・たそがれ」で世に出た五木は「明日の告別式は来られないので最後の別れ」と目を腫らし「幅広く愛された方。後日華やかに送りたい」と、予定されている音楽葬への参加を希望した。

 13年に再婚した元チーフマネジャーと、次男の平尾勇気(36)ら息子の間で遺産を巡る不協和音が残る中、参列者によると、この日は互いに弔問客に応対するなど、協力し合う姿が見られた。息子の“育ての母”の女性は参列しなかった。