第二部はきっとすごくショックな話になる。既刊の意味も変わってくる

――第4弾の少年たちの学園もの、『空棺の烏』で一人一人のキャラクターが胸に刻まれるからこそ、『弥栄の烏』のみんなの活躍が胸に沁みますね。

阿部 『空棺の烏』がなかったら、『弥栄の烏』は1冊分の分量にならないと思います。もしくは、このモブAが死んでこのモブBが生き、モブDとEが負傷して……というなんの味わいもない話になっていたと思うので。

――いや、本当に、あの人があんな目に……という。6巻ではなく5巻の『玉依姫』でもそのことは描かれているんですが、あの巻では八咫烏たちの名前が伏せられているんですよね。『弥栄の烏』になってはじめて、烏側で何が起きていたのか分かるという。

阿部 『玉依姫』で八咫烏たちの名前を書いたら邪魔になりますよね。私はキャラクターを書くつもりはなく、物語を書くつもりなので、『玉依姫』の物語の中ではそれらが邪魔だったんです。

雪哉はもともと、能力が高いわりに危うい子なんだと思う

――そういう出来事を経て、『弥栄の烏』で雪哉はまた違う面を見せますよね。

阿部 雪哉のタガを一回外す必要があったんです。でも生半可なことではあの子のタガは外れない。ただ、あの子はもともと、能力が高いわりに、危うい子なんでしょう。1巻から自分の身内が大事で後はどうでもいいと思っているところがある。最初からそういうやつとして書いているんです。自分の居場所を守ろうという思いがすごく強い子なんです。

──雪哉にはお兄さんと弟とは母親が違うという、複雑な出生の事情があったりする。そういう細かな設定が、登場人物の人物造形に説得力を持たせていますよね。さて、「八咫烏シリーズ」がこれから第2部でどうなっていくのか楽しみですが。

阿部 第2部は、すごくショックな話になるんじゃないかと思っています。既刊の内容の意味が変わってくると思います。そういうふうに書きたかったんですよ。新刊が出るたびに既刊の意味が変わって、読み返すと新しい発見がある、というような。

 例を挙げると、澄尾とかもそうですし。実は第1巻で澄尾は真赭の薄のことを気にしているんです。澄尾が「(若宮が真赭の薄のことを)すごく魅力的な方というふうにおっしゃっていますよ」と言っているんですが、若宮がそんな気の利いたことを言うわけないので、あれは澄尾自身の考えを言っているんです。『空棺の烏』の時だって、真赭の薄の弟である明留について、「薄どのの弟君は元気か」と言ったのも澄尾なんです。最初に読んだ時は気付かなくても、真赭の薄と澄尾というのを気にして読み返すと発見があるという、そういう書き方をしようと思っているんです。


阿部智里さん ©榎本麻美/文藝春秋

死ぬまで書く。「現在」が変わっても、常に「現在」の問題に問いかけたい

――他に印象的だったのは、『弥栄の烏』で、真赭の薄が「女は引っ込んでろ」と言われて、その後別の形で「男は引っ込んでいろ」とやり返す場面も痛快でしたね。それに、后が子どもを産めるか産めないかなど、この世界でもジェンダーや女性の生き方や地位の問題が描かれるんだなと思って。

阿部 その後雪哉が「女は引っ込んでいろ」と言うという、3パターン出てきますよね。テーマは現代と共通ですから、むしろ現代のテーマを言うために、この世界を借りていると私は思っています。ジェンダー的なことで言うと、私は女子どもを守るために犠牲になる美しさ、みたいな男のロマン的なもののことは「はぁ?」と思っているところがあります。その書き方だったら澄尾は英雄になっていたと思いますけれど。「男は引っ込んでなさい」と言ったのは、あなたたちが美的だと思っているその自己犠牲的なものって本当にそう? ということを一回書いておきたいなと思ったからです。最初の頃は男性女性を書き分けているつもりはなくて人間そのものを書いているつもりだったんですが、最近になってきて、やっぱり男性と女性で根本的に違う考え方もあるのかなとも少し思いを巡らせています。でも人間を書くというのは変わらないです。

『玉依姫』でも「今時こんな考え方の女子高生いないよ」と言われるんですけれど、「女子高生ってなあに?」って思うんですよ。「私は志帆を書いたんであって、あなたの言っている女子高生って一体誰のこと?」って。さらに言うと、あれを書いたのは私が女子高生の時ですから。そういうラベルで人を判断するような書き方は私はしない、と思っています。まあ、キャラクターを書くのは難しいなと思いますが。

――完全な悪人とか完全な善人というよりも、グラデーションのある人物を書いているなという印象があります。

阿部 そうなんですよね。私は概念を擬人化しているわけではないので。あくまで私が書きたいのは人間なんです。私の目には、人間は一面的なものでなくて、多面性があり、一人の人間の中にも多様性が存在しています。キャラクターが言っていることは作者の考えていることだと思われる方もいますが、私は自分の思っていることを代弁させているわけではなく、自分の目に見えている世界そのものを描写して作っているつもりです。

第2部で『玉依姫』の設定がなぜ1995年なのかという理由もわかると思う

――現在、年1回新作が出るペースできていますから、来年第2部がスタートするということですよね。

阿部 それを目指しています。一応、何が起こるかはもう作ってあるし年表もあります。ただ、どういう見せ方にするかは検討中ですね。誰を主人公にしてどう見せるのかで変わってくる。同じ時代でも西郷隆盛を主人公にするのと坂本龍馬を主人公にするのとでは全然違う、ということと同じですよね。

 でもたとえば、第1部全体で見ると『烏に単は似合わない』はちょっと番外編っぽく読めると思うんですが、第2部になると、ああ、「正しくシリーズの第1巻だったんだな」と思ってもらえる形にはなるかなと。『玉依姫』の設定がなぜ1995年なのかという理由も分かると思います。でもまだ第2部が何巻になるかも分かりません。

――番外編も書かれていますが、これは本にまとまる予定はあるのですか。

阿部 来年の夏に外伝集を出す予定ではあるんです。第2部のスタートも来年のつもりですが、それよりちょっと遅れるかなと思っています。


瀧井朝世さん ©榎本麻美/文藝春秋

――シリーズ以外の執筆依頼も沢山あると思うのですが。

阿部 はやければ来年の春か夏に、NHK出版からミステリーというかオカルトっぽいものが出るかな、という感じです。今はそれに関する取材をしていて、そろそろ書き始めるところです。八咫烏のようにシリーズ化できそうなものも現在構築している最中ですが、出力するのが遅いので、いつになるか分からないですね。

――数年越しの第1部を書き上げて、今、作家としての今後をどのようにイメージしていますか。

阿部 死ぬまで書くと思っています。常に現在の問題に対して問いかけができるようにというのは、心には置いています。そして“現在”は必ず変わる。その時々にしか書けないものがあると思うので、それに目をふさがないようにしようと思っています。

読者からの質問

■天狗の一族について教えて下さい。の内部、招陽宮に烏天狗がお使いに来たり、潤天が若宮と花街で遊ぶなどはありますか。また世代交代や婚姻事情や寿命についてなど、外界での潜伏実態をもう少し知りたいです。(50代・女性)

阿部 外伝を書くかもしれないので、今ここではお答えしないでおきますね。

■趣味は何ですか?(10代・女性)

阿部 便箋や封筒集めと、和紙集め。和紙で貼り絵を作ります。あとお香も焚きます。

■今のシリーズ以外の構想はありますでしょうか。歴史ものとかでしたら年代など教えていただけないでしょうか。(30代・男性)

阿部 ありますが、今のところ歴史ものは書かないと思っています。私が大学で歴史を学んでいることもあり、実在した人間のことを小説にして書くのは難しいなと感じます。さらに言うなら、私は、歴史小説は全部ある種のファンタジーだと思っているので、だったら最初からファンタジーと名のついているものを書こうかなと思います。

赤城山、大沼、榛名神社……生まれ育った場所が心象風景としてに影響している

■私は高校2年生で、阿部さんが『玉依姫』を書かれた時と同じ学年ですが、この年齢で山内を創り出されたということが信じられません! 日本人だから和風ファンタジーを書こうと思われたそうですが、もともと神話などに興味があったのでしょうか? また、高校生の阿部さんが、どのように八咫烏や神様について勉強して執筆されたのか教えてください!(10代・女性)

阿部 確かにもともと神話などが好きでしたね。小学生の頃に荻原規子さんの勾玉三部作を読んで日本神話というものにファンタジーの要素というものがたっぷりあるんだなと知って感動したんです。ところが、意外と日本神話を題材にしたファンタジーは数が少ない。もしかしてすごい金の鉱脈があるのにまだ発掘されていないんじゃないかという意識は持っていました。それで八百万の神様辞典みたいなものを見るところから始まって、ちょこちょこ調べていった感じです。

 群馬県出身なんですが、小さい頃に赤城山にある幼稚園に通っていましたし、遠足で大沼にも行きましたし、榛名湖の榛名神社は小さい頃からお参りに行くところだったので、そのあたりが心象風景として〈山内〉の描写に影響していると思います。


榛名山や榛名神社、赤城山が心象風景にあるという山内の世界

■阿部先生こんにちは、『空棺の烏』の登場人物の結について質問です。雪哉が結を先んじて身請けしていた事を、結自身は知らされていたのでしょうか。(30代・女性)

阿部 ああ、これは結も千早も明留も知りませんでした。

■招陽宮、桜花宮は、素敵な名前だと思いました。名前の由来か、思い入れがありましたらお聞かせいただければありがたいです。(40代・女性)

阿部 普通なら東宮となるはずの場所なんです。ところが私は東西南北で家臣たちの家を表してしまったので、東という文字を使うわけにはいかなくて。それで、陽が出てくるところの宮殿という意味で、招陽宮という言い方にしました。桜花宮は桜の花が多いところだから。歴代の姫たちが我こそはと競って桜の景観を作った、という裏設定もあります。

■本の顔ともいえる題名はどうやって決めているのでしょうか?(10代・女性)

阿部 まずは仮題があって、そのまま決まることもあれば、編集さんたちとディスカッションして決めることもあります。ただ、みなさんの手に届いている題名は、商品価値を最大限に高めるために検討された最終形であります。

小学生の頃、まだ若い烏と仲良くなった。その子が電線で感電死して、ずっと心に棘が刺さってる

■八咫烏をメインに書こうと思われたきっかけは何ですか?(10代・女性)

阿部 インタビューで話したように、友達に八咫烏が面白いと言われたこともあるんですけれど、もともと私の家の近くに烏がいっぱいいるんですね。それで、小学生の頃、ちょっと烏と仲良くなったことがあるんです。いつも近くに行っても逃げない子がいたんです。まだ若くて口の中がピンク色で目が灰色で。向こうもキョトンとして私を見ているし、私も挨拶をしていました。でも悲しいことにその子が電線で感電しちゃって死んじゃったんですよ。それがずっと、心にとげが刺さったみたいになっています。だから他の人たちよりも烏に対して垣根が低いというか、好感度が高かったんです。

 それに、自分の観てきた鳥の中で、烏は1、2位を争うくらい美しいと思っています。つがいの烏が日差しが強い夏の日にネムの花が満開の木の中で寄り添って涼んでいるのを観たことがあったんです。それが大変美しくて、胸に焼き付いていて。そういったこともあって、烏を主人公にしようと思ったのはあるかもしれません。

■1作目の絵に惹かれて、大学時代に読んですごく感動して以来ずっと続きを楽しみにしていました! 新作がでるのもすごく楽しみでしたし「オール讀物」に掲載された外伝「すみのさくら」もすぐに読みました! 未来の夫婦の在りし過去がほんとに素敵すぎて、最後ウルッときてしまいました! そして、その号に掲載された夢枕獏先生との対談のなかの、「『烏に単は似合わない』が平安時代では絶対ありえないような」設定とは何だったのか教えて頂けたら嬉しいです! (20代・女性)

阿部 実際の平安時代の世の中だったら、お姫様が一堂に会して、若宮の后を選ぶという状況がありえないかなと思います。

■私も日本の歴史を背景にした妖怪と人間が混じって住む小説を執筆しているのですが、今後八咫烏シリーズの中で、八咫烏や猿の他に出そうと思っている妖怪や、伝説上の生き物などはありますか?(10代・女性)

阿部 場合によっては出すかもしれませんが、今のところ予定していません。

読者それぞれの胸の中にある映像は、とても尊いもの

■物語や世界観の発想は、いつどんなところから出て来るのでしょうか?(40代・女性)

阿部 いつでもどんなところでも、という感じです。ただ、何もないところからは何も生まれないので、畑を耕すという意味で、興味のあるものに対してなるべく広く視野を持つようにしています。

■阿部さんの作品のメディアミックスが進む日も来るのでしょうか?(50代・女性)

阿部 メディアミックスはやりたいです! でも公式と銘打つ映像やヴィジュアルに関しては、できる限り私が介在して、私の中のイメージを忠実に再現していただけるようにしたいなと思っています。コミカライズのお話もいろいろ来ているんですが、私がこの方と思える方がいない限りOKを出すつもりはないです。私がこの作品の一番のファンでもあるので、名前に恥じるようなことはしないようにしたいです。アニメ化も同様です。

 ただ、そうしてヴィジュアル化された時、読者それぞれが文章を読んで思い描いた世界とは違うと思うんです。でも、自分の中の絵が公式の絵と違うからといって、間違っていたとか思う必要はまったくない、とは言いたいです。それぞれの胸の中にある映像というものは、とても尊いものです。


阿部智里さん ©榎本麻美/文藝春秋

阿部智里(あべ・ちさと)
1991年群馬県生まれ。2012年早稲田大学文化構想学部在学中、史上最年少の二十歳で松本清張賞を受賞。デビュー作『烏の単は似合わない』以来『烏は主を選ばない』『黄金の烏』『空棺の烏』『玉依姫』を毎年一冊ずつ刊行し、「八咫烏シリーズ」は累計85万部を越える。シリーズ外伝を「オール讀物」で発表中。現在、早稲田大学大学院文学研究科で学びながら執筆活動を行っている。

八咫烏シリーズ特設サイト
http://books.bunshun.jp/sp/karasu
八咫烏シリーズ公式twitter
https://twitter.com/yatagarasu_abc
「弥栄の烏」最新動画
https://www.youtube.com/watch?v=rBc77NeYqJE

(瀧井 朝世)