画像提供:マイナビニュース

写真拡大

国土交通省航空局は7月28日、国際定期便が就航する合計29空港の管理者に対し、特定外来生物「ヒアリ」の緊急点検について要請し点検した結果、今回はヒアリは確認されなかったことを発表した。

現在までに複数の港湾でヒアリが確認されている事案を受けて、7月7日に国際定期便が就航する空港の管理者に対し、ヒアリに関する緊急点検を行うよう要請。現在、国際定期便が就航する空港は合計29空港(国管理空港16空港: 新千歳、函館、仙台、羽田、新潟、広島、高松、松山、福岡、北九州、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、那覇/会社管理空港3空港: 成田、中部、関西/地方管理空港7空港: 旭川、青森、富山、静岡、岡山、佐賀、新石垣/共用空港3空港: 百里(茨城)、小松、美保(米子))となる。

今後の対応として、引き続き各空港におけるヒアリに対する注意体制を継続するとともに、ヒアリが発見された場合は環境省等と連携し、確実に取り組んでいくとしている。