世紀の番狂わせで新王者となった木村翔(右)と有吉会長(左)

写真拡大

日本のボクシング史上おそらく史上最大と言っていいほどの番狂わせが起きた。北京、ロンドン五輪で連続金メダルを獲得後、プロでも世界王者となった中国の英雄、WBO世界フライ級王者、ゾウ・シミン(36、中国)を敵地の上海で11回2分28秒にTKOで破って新王者となった木村翔(28、青木)が29日、上海から成田空港へ凱旋帰国した。見送りの報道陣はゼロ。帰ってみれば、多くの報道陣の出迎えを受けた木村は、「まさか、こんな多くの報道陣に来てもらえるとは。世界のベルト。まだ実感がわかないですが」と感激。

「1時間しか寝てない。体がパキパキです」。大きな絆創膏で傷口を覆っていたが、さっそく居合わせた中国人観光客に、「ゾウ・シミンを破った新王者」と記念写真をねだられていた。

 無名ボクサー対中国の英雄。しかも、上海のオリエンタルスポーツセンターを埋めた1万5000人は全員ゾウ・シミンを応援するという完全アウェーである。
 木村もネット上の厳しい書き込みを目にした。
「100パーセント無理」「日本人がヘビー級王者になるようなもの」

 だが「絶対に勝つと言う自信があった」という。
 そして、こんな告白をした。
「皆さんは、勝てるわけないと思っていたのかもしれませんが、僕は、負ければ引退するつもりでした。それくらいの覚悟がなければ、あのリングには立てない。そう考えていました」

 試合は予想通りの展開になった。
 王者が逃げて、挑戦者が追う。
「最初は距離感のとり方がうまくてパンチが当たらなかった」
 ゾウが足をつかいながら、パン、パンと軽いパンチを当ててくる。いわゆる、タッチボクシングでも会場はどっと沸く。同時にポイントを奪われていった。

 だが、有吉会長は、秘策を授けていた。
「左右にステップを踏みながら追いつめるのでなく、真っ直ぐ追うんです。そうすると下がったゾウ・シミンはロープがあるから左右に動かなければならなくなって足を使い消耗するんです。そして序盤にボディを打っておく。疲れて左右に動く足が止まるときがチャンスだと思っていました」
 ある意味、前半戦のラウンドを捨てて、一発勝負にかけたのである。

 だが、誤算が生まれる。3ラウンドに右目の上をカットしたのだ。深さはなかったが、長く切ったため流血が激しくなった。木村は、「ほとんど血で右目が見えなかった」という。
「最悪の展開だ」
 そう嘆いた有吉会長は「いつ止められるかわからないから行け」とケツをたたく。
 木村のボディ攻撃も右ストレートが顔面をとらえても1万5000人の会場はシーン。おまけにラウンドのインターバルごとに、場内のスクリーンには、ゾウがパンチを当てたシーンだけが映し出された。
 

 11ラウンド。
 木村も有吉会長も「ポイントでは負けていることはわかっていた」という。
 実際、のちのここまでのスコアシートを見ると、2者が「96−94」「97−93」で王者を支持。一人が「94−94」のドローだった。

 「あと6分間、人生を変えてこい!」
 有吉会長にそうハッパをかけられコーナーを飛び出た木村は勝負をかけた。パンチを振り回し追いかける。ゾウ・シミンがクリンチに逃げようとしても、ふりほどき、手を止めない。タイの「コインジム」で行った合宿で、王者のクリンチを想定して、ムエタイ仕込みのクリンチをふりほどく術を会得してきた。
 執拗に前へ前へ。そして、ついにつかまえた。ここまで真っ直ぐ追い、消耗させた作戦が効いていたのである。足の止まった王者に左右のボディから右ストレートがヒット。ロープを背負わせた。

「無意識で手が出た。ハードな練習をしてきたからだと思う。あそこで、初めて拳が痛いと思うほどパンチが当たった感触があった。気持ちの勝負だと思った」
 人生をかけた連打。ゾウ・シミンは、ついに崩れるようにして倒れた。

 コーナーにいた有吉会長は、その連打のシーンを「夢を見ているようだ」と思ったという。
「ずっと思い描いていた追い詰め方を木村がやった。不思議ですが、まるでどこかで一度見たシーン。夢というかデジャブを見ているようだったんです」

 ダウンした王者は、泣いていたという。
 ゾウ・シミンは、一度では立ち上がることができず、レフェリーのダメージチェックにも満足に応じることはできなかったためTKOが宣言された。
 木村は両手を挙げて、リングにうつぶせになって倒れこんだ。有吉会長も一緒になって倒れこんで喜びを表現した。資金力に乏しく募金まで募った弱小ジムが史上最大の番狂わせを成し遂げた瞬間だった。
 日本のボクサーの海外での世界王座奪取は、JBC公認試合では、1981年に三原正が米国で奪取して以来、36年ぶりの快挙だ。

 試合後、ゾウ・シミンはマイクを持って、長々と演説をぶった。
 その中で「木村はわざわざ日本から来て戦ってくれた。敬意を表して皆さん拍手を送ってやって欲しい」と満員のファンに呼びかけてくれたという。
「さすが国民的英雄でした。中国で何もいやな思いはしなかった。チャンスをくれたことに感謝したい」
 木村は、負けた後の王者の姿に感動を覚えた。ただ、ゾウ・シミン夫妻のマイクパフォーマンスが延々つづいたため試合後の勝者の記者会見は中止になったそうだが。
 

 ゾウ・シミンへの挑戦が決まるまでは、一転、二転どころか「四転、五転した」(有吉会長)。木村が、昨年11月にパンパシフィック・フライ級王者になって世界ランキング入りすると、1月に話が浮上した。木村は、酒屋の配達のバイトを辞めて世界戦へ集中できる環境を作ったが、4月の話が消え、木村は「生活ができない」と、またバイトを再開していた。

 6月上旬にはついに話は立ち消えになった。世界戦の予定がパンパシフィックタイトルの防衛戦に変更になり、「世界戦以外、やるつもりはなかった」とさえ思っていた木村は、大ショックを受けた。だが、それを伝えられた翌日には、練習に出てきたという。そこから、急転、交渉が動く。ゾウ・シミン側から正式オファーが届いた。木村には心の準備も対ゾウ・シミン対策もできていた。
「かなりメンタルは、ぶれまくりましたが、1月からずっとゾウ・シミンをどう倒すかのイメージして練習をしていたんで。だから勝てると自信はあったんです」

 有吉会長も「ゾウ・シミンにはスキがある。不安もあったけれど自信はあったんです。私はネットの類を見ないので、どんな批判をかかれたか知りませんが」という。

 ゾウ・シミンは、最初の世界タイトル戦は、井岡一翔も敗れたアムナット・ルエンロエン(タイ)に力負けして失敗。昨年11月に同じくタイのクワンピチット・ワンソイチャンジムから初王座を奪取したが、名トレーナーのフレディ・ローチとも離れ、そのファイティングスタイルは、ポイントアウトだけに走る迫力のないもので、プロ転向当時の勢いはないという見方がもっぱらだった。
 それでも王者に足を使われポイントアウトを徹底されれば挑戦者に勝ち目はない。世界ランカーとの対戦経験のない7位の無名の日本人ボクサーを挑戦者に選んだゾウ・シミン側にも油断はあったのかもしれない。

 試合前のゾウ・シミンの控え室は隣だったが、有吉会長は、その油断を見逃さなかった。
 おまけにモニターにその部屋の中の様子が映し出されていた。次から次へと支援者や芸能人までが、試合直前のゾウ・シミンの激励に訪れ、まるで集中できていなかったという。
「あれを見て、中国での防衛戦は、かなりプレッシャーなんだろうなと思った。隙があるぞと」

 一方、青木ジム陣営は、ドアを閉め、関係者以外の立ち入りを許さなかった。
 中国入りしてから、遠慮ない地元メディアの連日の取材攻勢に辟易していた。中には、反日感情を煽ろうと、挑発的な質問を投げかけて売る過激なメディアまであった。だが、有吉会長は「この試合は、戦争でも政治でもなくスポーツだ」と通してきた。
「木村は、知り合いがいる場所では集中力を欠く。かえってアウエーが良かったんです」
 有吉会長は、ジャイアントキリングを呼ぶ風を感じていたという。

 木村には8年間のブランクがあった。ボクシングを始めたのは玉井中3年生。地元の熊谷コサカジムの門を叩く。元世界Jミドル級(現在、スーパーウエルター)王者の工藤政志氏を生んだ埼玉の名門だ。
「喧嘩に強くなること」が、入門理由で友人と2人で入ったが、最初のスパーリングで、実績のあるボクサーと対戦させられ、ボコボコにされた。「ボクシングはこんなにすごいものかと思い知らされた」。本庄北高では1年からインターハイ出場を果たしたが、1回戦で敗れた。そして1年でボクシング部を辞め、高校は卒業したが、以降、23歳になるまでボクシングとは縁を切った。

「夢ってこうやってあきらめていくもんなんだなあと思いました」

 だが、24歳になって木村は、再びボクシングがしたいと、熊谷コサカジムに相談にいった。小坂会長から推薦されたのが、青木ジムだった。そのきっかけが何だったのかと聞くと、「色々ありました。そのひとつに母が亡くなったことがあります」と少しだけ神妙な顔をした。母親の真由美さんは、木村が20歳のときに乳がんで天国に旅立っている。
 有吉会長は、小坂会長から「素材はすごい。問題は性格、気持ちの部分だけ」という引継ぎを受けた。それでも、2年前、木村の初練習を見たとき「こいつは世界を取れる」と直感で感じた。

「パンチの思い切りの良さ。スピードもあった」

 だが、8年のブランクを経て臨んだ2013年4月のデビュー戦は王子翔介(E&Jカシアス)に1ラウンドにKO負けした。「僕がボクシングを舐めてたんです。この程度で勝てるだろうって」。また辞めると言い出した木村に、有吉会長は「本当にボクシングだけに打ちこみ勝負してみろ!」と説いた。
「もう絶対に負けない。それだけの練習をしました」
 以降、木村は、引き分けを挟み14勝と連勝を続け、世界の舞台へとつなげたのである。

 世界のベルトは買取制度のため、数週間しなければ手元には届かない。喜びに浸る前に次なる試練が待ち受けている。90日以内にランキング1位との指名試合を初防衛戦として行わねばならないのだという。1位は、元WBC世界ライトフライ級王者の五十嵐俊幸(33、帝拳)である。フライ級には、WBA同級王者の井岡一翔(井岡)、WBC同級王者の比嘉大吾(白井・具志堅)と2人の日本人王者がいるため、周囲は、日本人同士による統一戦に期待を寄せるが、指名試合をクリアした後のタイミングでなければ実現は難しい。

 井岡とは同学年。1回戦で負けたインターハイで井岡が勝ち進んだという因縁もあり「縁を感じるし、やりたい」と、木村は言うが、現実的には、まず五十嵐戦。その五十嵐に関しては「技巧派ですよね。すみません。見たことがないんですよ」と笑う。五十嵐といえば、元3階級王者、八重樫東(大橋)との激闘が記憶に新しいが、「それも知らないんです」。「でも」と木村は続ける。
 「まぐれだと言われないように。これからが勝負です」

 帰国便が遅れたため、取材もそこそこに、木村は上野行きの最終電車にギリギリで乗り込んだ。
 車内で長々とインタビューに応じてくれた木村が、日暮里駅に列車が滑り込む間際に言った。
 「やっぱ夢ってあきらめないことなんすよねえ」