柔らかなチュール布を自在に操るアーティストのBenjamin Shine。彼の凄さは、縫う技術に長けていることだけではありません。アイロンを使ってシワを伸ばすのではなく、人物のシワをあえて作りこむという表現。

ディテールまでこだわり抜いた作品からは、「やわらかい雰囲気」が醸し出されています。

何度も何度もアイロンがけを

1枚の大きな布を何度も折りたたみ、プレス加工しながら描いています。アイロンの先を使って少しずつ仕上げていくという、根気のいる作業。

コツコツと完成させた作品から、なんとも言えない「やさしさ」を感じるんです。

チュール布をこよなく愛すBenjaminは、数々の“チュールアート”を生み出しています。

制作風景や他の作品が気になる人は、下の動画をチェック!

Licensed material used with permission by Benjamin Shine