勸玄君に苗木の紹介をさせる海老蔵=長野・志賀高原

写真拡大

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が29日、長野県・志賀高原で行われた植樹プロジェクト「ABMORI 2017」に、長女・麗禾ちゃん(6)、長男・勸玄君(4)と参加し、乳がん患者を救うための基金設立を目指すことを明らかにした。

 海老蔵は、今月8日の全国高校野球選手権東京大会開会式で、妻・小林麻央さん(享年34)の最期の言葉を参考に「私たちは野球を愛しています」と宣誓した早実・清宮幸太郎内野手(3年)を「清い心、真っすぐな思い、熱い情熱、素直な心をリスペクトします」と絶賛した。

 甲子園出場をかけた決勝戦を控えた清宮に「ぜひ甲子園に行っていただきたい」とエール。宣誓に対して賛否が分かれたことには「そういうものを受け入れられるような大きな心を持った日本人を望みます」と話した。