『アン・シネ』

 ゴルフ界では韓国のアン・シネ(26)が人気爆発。早くも、優勝はいつだ? と話題になっている。が、それを阻止するかのように初優勝目前の美女たちが毎週、熱戦を繰り広げている。

「アース・モンダミンカップ」で、1打差に涙した三ヶ島かな(20)は、2年めのホープ。ゴルフの師匠でありキャディを務める父親の直さんとは、ほとんど喧嘩のない仲よし親子。

『三ヶ島かな』

「ヨコハマタイヤPRGRレディス」で人生初のプレーオフを演じた藤崎莉歩(21)は端正な顔立ち。

『藤崎莉歩(写真:Getty Images)』

 スラッとした美脚の持ち主で人気も高いのが堀琴音(21)。

『堀琴音』

「サントリーレディース」4位タイだった辻梨恵(23)は600年続く由緒あるお寺の娘。茶道と座禅が特技と、まさに大和撫子だ。

『辻梨恵(写真:Getty Images)』

 アマ時代にプロツアーでローアマを6度獲得の実力派、永井花奈(20)は、2016年のプロテストはトップ合格している。

『永井花奈』

 日本人選手に有望株が多い一方、中国・韓国勢はどうか。
 アン・シネと同じく今季から日本参戦だが、お株を奪われた格好になっている韓国のユン・ チェヨン(30)。じつは韓国女子プロゴルフ協会で唯一、広報モデル(広告塔)を8年連続で務めたほどの美女だ。じわじわと人気を上げてきている。

『ユン・ チェヨン』

 セキ・ユウティン(19)は、2016年中国ツアーの賞金女王。すでにツアー会場で多くのギャラリーがつく、人気のベビーフェイス。父の仕事の関係で、4歳まで福井県で過ごしたため、日本食OK。

『セキ・ユウティン』

 もう一人、「アース・モンダミンカップ」で、見事ホールインワンを達成し、八頭身美女として注目を集めたチャン・ウェイウェイ(20)。中国の現役女子大生ゴルファーで、顔も体型もモデル並みだ。2016年中国ツアーでは賞金ランキング3位、セキ・ユウティンとは幼少期から切磋琢磨してきた本気ライバルだ。

『チャン・ウェイウェイ』

(週刊FLASH 2017年7月18日号)