夏休みも始まり全国各地で花火大会が開催されています。越後三大花火の1つ「ぎおん柏崎まつり海の大花火大会」は、「海の柏崎」と言われており、打ちあげ場所が広くダイナミックな演出が行われています。中でも長さ1.5kmに渡って一斉に100発の尺玉が打ち上げられる尺玉100発同時打ちは、他の花火大会では見る事ができない大迫力の花火です。2017年7月26日に行われたこの花火大会で、実際に尺玉100発同時打ちや尺玉300発連発などを生で見てきましたので、その様子をレポートします。

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会

http://www.city.kashiwazaki.lg.jp/kanko/event/7/gion/

事前に有料席を予約した場合は、チケットと大会プログラムなどが送られてきます。



花火大会が開催される会場は、新潟県柏崎市みなとまち海浜公園です。

2017年7月26日、花火大会会場に到着。尺玉100発同時打ちは、1番奥に写っている突堤を使って打ち上げられます。



打ちあげ場所を拡大。手前に並んでいるオレンジ色の筒は、大会中に打ち上げられるスターマイン用の筒たちです。奥側で等間隔に並ぶ筒は尺玉 100発同時打ち用のもので、15m間隔で並んでいるとのこと。100発同時打ちとは別に打ち上げられる三尺玉用の筒も見られました。



会場は広く、日本海の水平線が広がる素晴らしいロケーション。有料席全体をパノラマ撮影。



打ちあげ場所からは少し離れますが、無料席も充実しています。こちらもパノラマ撮影してみました。



この日の天候は快晴で雨の心配もありません。日本海の水平線に沈む夕陽を見つつ、花火大会の開始を待ちます。



花火大会が始まりました。この花火大会は、協賛会社がアナウンスされスターマインが打ち上げられるという形式で行われます。



協賛会社がアナウンスされる間も単発で花火が打ち上がっていたのですが、開始序盤でいきなり三重芯の花火が見られました。三重芯というと、競技大会で芸術玉として打ち上げられるような花火なのですが、プログラムの合間にさらっと打ち上がってしまうとは驚きです。



海でのロケーションを生かした演出として、海に花火を打ち込んで爆発させる海中花火が見られます。有料席の目の前の海上に打ち込まれるので、迫力満点です。



次々と豪華なスターマインが打ち上げられ、いよいよ尺玉100発同時打ちの時間となりました。「打ち上げ開始です」のアナウンスののち、幅約1.5kmの打ち上げ場所から一斉に100発の尺玉が上がります。打ち上がる花火が見えた瞬間、観客席から歓声が沸き上がりました。



約2秒後、打ち上げの発射音が聞こえてきます。単発で上がる時は「シュボ」という感じですが、100発同時となると「ズドドド……」と厚みがあります。



打ち上げられてから花火が上りきるまで約7秒、この間がなんとも言えない期待感をあおります。一斉に花火が開き始めました。



「ババババン」と豪快な爆発音と共に、会場が昼間のように明るくなりました。



一斉に開いた冠(かむろ)から続けて、浮き模様が現れます。



最後は、一瞬銀色に変化したのち……



花火は消えていきますが、爆発音の残響が続きます。席からは、「凄い」という感想の声や拍手があちこちから聞こえました。打ち上がりから消えるまで約20秒、今回見たベンチ席からフルサイズ24mmのレンズで撮影すると、全体の幅約1.5kmのうち、およそ1.2km分を撮影することができました。



まさに圧巻の尺玉100発同時打ちは、以下のムービーで確認できます。

圧巻の尺玉100発同時打ち【ぎおん柏崎まつり海の大花火大会2017】 - YouTube

まだまだ迫力満点の花火が続きます。終盤となると海上花火もスケールアップ。



「これで終わり」と思いきやさらに大きな花火が次々と打ち込まれます。



海に花火を打ち込む海中空スターマインは、以下のムービーで確認できます 。

超ベスビアス海中空スターマインより【ぎおん柏崎まつり海の大花火大会2017】 - YouTube

さらには三尺玉も打ち上げられます。尺玉は直径約30cmの花火玉ですが、三尺玉は直径約90cm、花火が広がる大きさの幅は約550mにもなります。カラフルな花火が打ち上がる中、いよいよ大御所登場という感じで、三尺玉が打ち上がりました。



ゆっくりと重量感たっぷりという感じで上がっていきます。



いよいよ三尺玉が開きます。爆発と同時に紅色の芯が見えました。



小花をちらつかせながら徐々に大きく広がっていきます。ここで、「バン」と衝撃が来ます。尺玉の場合はお腹に「ドン」とくる衝撃なのですが、三尺玉の爆発では体全体に何かがぶつかってきたような激しい衝撃を感じました。



ゆっくりと火の粉が落ちていきます。100発同時打ちと同じ画角で撮っていますが、1発の三尺玉で画面の約半分が埋まりました。



爆発音に圧倒される大迫力の三尺玉は、以下のムービーで確認できます 。

大迫力の三尺玉【ぎおん柏崎まつり海の大花火大会2017】 - YouTube

花火大会のラスト、尺玉300連発です。通常のスターマインは、いろいろな大きさの花火を打ち上げつつ、尺玉も織り交ぜて構成されるのものなのですが、この花火大会のラストでは尺玉のみを使います。まずは、4発ずつ繰り返し尺玉が打ち上がっていきます。



打ち上げが進むにつれ、花火のバリエーションも変わっていきます。こちらは、月の満ち欠けのように光の動きが見られる花火。



こちらは色が変化して動いているように見える花火。しかも、2,3周ぐるぐる回っているかように色が変化する花火でした。



スマイルなどのキャラものは、直径約15cmの5号玉などで作られることが多いのですが、ここでは尺玉の芯の部分にスマイルを使うという珍しいものも。



一瞬「不発かな」と思わせておいて、一斉に全体に小花が広がる千輪と呼ばれる花火。きれいな青色の千輪が咲きました。



終盤、同時に打ち上がる尺玉の数もペースも上がってきます。



単色から多彩な色の花火へと構成が組み立てられていたり、複雑な形の花火が上がったりと、バリエーションが多く飽きません。



いよいよクライマックスです。ここまでは、1発ずつ形を確認できていた尺玉も、ここからは同時に一斉に開き始めます。



最後の最後、一斉に開くと同時に爆音が響き渡りました。会場からは歓声と拍手が沸き起こります。「来て良かった」と、観客の感想も聞かれました。



ボリューム満点の花火大会ラストの尺玉300連発は、以下のムービーから確認できます。

ボリューム満点の尺玉300連発【ぎおん柏崎まつり海の大花火大会2017】 - YouTube

尺玉100発同時打ちは、まさにここでしか味わえない独特な打ち上げ音と爆発音が体験できます。尺玉300連発では、ただ玉の数が多いだけではなく、花火が開いた後のバリエーションも多彩で、ひと通りの花火の変化パターンを見て学ぶこともでき、花火図鑑を見ているようでした。8月には「長岡の花火」、9月には「片貝まつり」と新潟では大型の花火大会が続きます。全国各地でもそれぞれ地域の特徴を生かした花火大会が開かれていますので、「地元でなにか面白そうな花火大会はないか」など調べてみるのも花火の楽しみ方の1つです。