「キャプテン翼」のイラストが描かれたスパイクでプレーするポドルスキ

写真拡大

 「明治安田生命J1 神戸3-1大宮」(29日、ノエビアスタジアム神戸)

 今夏神戸に加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)がJリーグデビュー戦で2得点を決めた。

 0-0の後半4分、ペナルティーエリア外で相手ゴールを背にしてパスを受けると、振り向きざまに迷わず左足を強振。低い弾道の先制ミドルが正確に右隅を射抜いた。

 同点とされた2分後の同17分にはMF大森の右クロスに待ち受け、DF2人に競り勝ち頭で決勝点を叩き込んだ。文句なしのデビュー戦2発に「言葉にできないくらいうれしい」と歓喜に浸った。

 待望のデビュー戦で着用した青地のスパイクは「3年ほど前から持っていて機会があれば履こうと思っていた」という、世界的な人気サッカー漫画『キャプテン翼』のキャラクターをあしらった一品。右足には主人公『大空翼』、利き足の左足にはポドルスキもお気に入りの『日向小次郎』がプリントされていた。後半は履き心地を優先して、別のスパイクに履き替えたが“猛虎”を宿した左足“タイガーショット”がここ一番で火を吹いた。