北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は28日、国連特別報告者がミャンマーの人権問題を指摘したことについて、「人権の名の下に他国に干渉する米国に同調したもの」であると非難した。朝鮮中央通信の質問に答えた。

イスラム教徒少数派ロヒンギャなどミャンマーの人権問題の調査で同国を訪れていた国連特別報告者の李亮喜(イ・ヤンヒ)氏は、21日に行った会見で、アウンサンスーチー国家顧問率いる現政権の人権問題への対応が「これまでの(軍事)政権と変わっていない」と厳しく指摘した。

報道官はこれに対し、「国際人権機関は『人権裁判官』のベールをかぶって自主的な国々に圧力を加えようとする米国の不純な策動に同調するのではなく、主権国家の自主権と利益を尊重し、真の国際的正義を実現するために努めるべき」などと主張している。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人 ミャンマー政府を非難したミャンマー人権状況関連特別報告者の発言を糾弾

【平壌7月28日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは、最近国連人権理事会ミャンマー人権状況関連特別報告者が米国に便乗してミャンマー政府を非難したことに関連して28日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

最近、国連人権理事会ミャンマー人権状況関連特別報告者が米国の対ミャンマー制裁・圧迫策動に歩調をあわせてミャンマーのラカイン州で住んでいるロヒンギャ族の「人権問題」を政治化してミャンマーに対する圧迫の度合いを強めている。

彼は去る21日、ミャンマー訪問後に開いた記者会見で、ミャンマー政府が取っている肯定的な措置に対しては一言半句もなく、ロヒンギャ族の人権状況について事実と合わない酷評をした。

これは去る11日、国連駐在米国代表がミャンマーで起きることは看過できないだの、ミャンマー政府が国連人権理事会の調査団を受け入れなければならないだの、何のとしてミャンマー内政に露骨に干渉し出たことと時を同じくしていることで、ミャンマー政府の当然な反発を呼び起こしている。

特別報告者の今回の発言は、彼が人権問題において公正さの原則、内政不干渉の原則に違反し、「人権擁護」の美名の下で他国の内政に干渉している米国の策動に同調しているということを示す。

今回の事件だけを見ても、米国の指揮棒に従って特定の国家に対する内政干渉をこととする個別の国の人権状況関連特別報告者制度なるものが百害あって一利もなく、国際人権機関が米国の顔色を見て操り人形の役を演じていることがよく分かる。

国際人権機関は「人権裁判官」のベールをかぶって自主的な国々に圧力を加えようとする米国の不純な策動に同調するのではなく、主権国家の自主権と利益を尊重し、真の国際的正義を実現するために努めるべきであろう。

わが共和国政府は、国連人権理事会をはじめ国際人権機関の内政干渉を断固と排撃し、平和な民主的連邦国家を建設しようとするミャンマー政府と人民の正義の偉業を積極的に支持、声援するであろう。---