大泉洋“すっぽんぽん”発言に舞台挨拶沸く

写真拡大

映画「東京喰種 トーキョーグール」が7月29日、公開初日を迎え、主演の窪田正孝(金木研/カネキ役)、鈴木伸之(亜門鋼太朗役)、大泉洋(真戸呉緒役)、村井國夫(「あんていく」店長:芳村役)、桜田ひより(笛口雛実役)、小笠原海(永近英良役)、白石隼也(西尾錦役)、そして萩原健太郎監督が舞台挨拶に登壇した。

7時45分開映後の舞台挨拶に登壇した窪田はじめキャスト・監督一同。朝早くからの上映にもかかわらず、観客の熱いリアクションに「まだ実感はないですが、みなさんにお届けする日がきたんだなと思うと、一人一人に感想を聞きたいぐらいです」と窪田が感慨深げに挨拶すると、鈴木も「初日は特別感あります。いよいよ見ていただけると思うと、期待でいっぱいです」と目を輝かせながらコメント。

「7時45分からこの映画をご覧になっている。ちょうどお風呂に入っていた時間。『東京喰種』をみなさんが観はじめた時間にすっぽんぽんだったと思うと、自分は何をしていたんだ!と」と大泉の発言には会場から笑いが起こった。

本作の撮影が行われたのは約1年前。監督は「ようやく初日を迎えられて本当に嬉しく思っています。たくさんの方がこの映画に関わってくださって、その思いが画面を通して伝わればいいなと思います。周りの人にも広めて下さったらと思います」と、キャスト・スタッフへの敬意をはらいながら、初日を迎えられた喜びを噛みしめていた。

舞台挨拶、およびイベントはクイズバトルなどで盛り上がり、最後にあらためて窪田から「ダークな部分や人間の暗い部分をむき出しにしてエンターテインメントという形で描いているのですが、メッセージの中に裏の裏があるので、二度三度、観ていただけたら嬉しいです。日本だけでなく世界に届けていただければと思います」とメッセージが送られた。