ベテランの丸山大輔、イケイケゴルフでツアー4勝目を狙う(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<ダンロップ・スリクソン福島オープン 3日目◇29日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(6,961ヤード・パー72)>

4バーディ・ノーボギーの“68”で回り、トータル12アンダーまでスコアを伸ばした丸山大輔。首位と2打差の6位タイは逆転優勝を狙うには絶好のポジションだけに、ホールアウト後は満足気な表情を浮かべた。46歳の丸山だが、昨年はチャレンジツアーで2勝を挙げ、賞金ランキング2位に入っている。そこで身につけたのが、攻めるゴルフだというのだ。
今年も大人気!古閑美保の生観戦ツアー
「レギュラーツアーよりもグリーンのスピードが遅いし、セッティングもそれほど厳しくありません。がんがん攻めていかないと置いてかれますからね」(丸山)
本来はボギーを打たないゴルフを身上としていたが、攻めるゴルフを身につけるために、フェードボール一辺倒からドローボールも打つスタイルに変え、ゴルフの幅を広げていった。しかも、以前は帯同キャディをつけ、車の運転も人に任せていたが、今はハウスキャディにお願いし、車も自分で運転する。食事も一人のことが多く、まるでレギュラーツアーでシード権を取る前に参戦していたアジアンツアーで戦っているようだという。「おかげでメンタルも強くなり、ハングリー精神が出てきましたよ」と笑う。
この時期、レギュラーツアーでもなかなかグリーンの芝を刈れないのでボールの転がるスピードは比較的遅い。それがちょうどチャレンジツアーでのスピードと同じだという。「自分にとっては、最適のスピードなので、明日はバーディをどんどん狙っていきます。先にスコアを伸ばしてプレッシャーをかけられればいいですね」と、ベテランの意地を見せるつもりだ。
文/山西英希

<ゴルフ情報ALBA.Net>

3日目のリーダーボードはこちら!
LPGAプロテストの合格者が決定!最終成績はこちら
占いでは転職が吉?がけっぷち丸山大輔は“10年モノ”パターで浮上
2ペナ払ってでもスッキリプレーしたい!自ら疑わしきを罰した秋吉翔太
人生初エースの丸山大輔、不運の骨折が“怪我の功名”