BIGBANGのG-DRAGON、ソロコンサートでニューヨークを魅了…「ファンの皆さんのおかげで生きていることを感じている」

写真拡大 (全3枚)

BIGBANGのG-DRAGONがニューヨークでアメリカツアーのフィナーレを華やかに飾った。

G-DRAGONは27日(現地時間)、ニューヨークで開かれたワールドツアー「ACT III, M.O.T.T.E」を盛況のうちに終えた。これでシアトル、サンノゼ、ロサンゼルス、ヒューストン、シカゴ、マイアミを経て、ニューヨーク公演まで7都市を巡るアメリカツアーを終えた。

この日G-DRAGONは、1stソロアルバムの代表曲「Heartbreaker」を皮切りに、「A Boy」「THAT XX」「WHO YOU?」「CROOKED」「BULLSHIT」など、様々なヒット曲を2時間余りの間、情熱的に披露した。多彩な魅力が溢れるステージを休まず披露し、観客を熱狂させた。

特に今回の公演は、ニューヨークの現地ファンで客席が埋め尽くされ、G-DRAGONの世界的な人気を改めて証明した。

G-DRAGONは「最近ツアーをやりながらとても寂しかったが、ファンの皆さんのおかげで幸せで、生きていることを感じている」とコメントした。続けて「BIGBANGでデビューして今まで、皆さんがいなかったらこの場にもいられなかった。感謝している」と熱い声援を送ってくれるファンに感謝の気持ちを伝えた。

ファンサービスも特別だった。G-DRAGONは最後の曲となる「無題」のステージで客席に下りていき、ファンと目を合わせながらコミュニケーションを図った。公演が終わった後も会場を後にするファンとセルフショットを撮ってあげるなど、ファンに対する格別な愛を見せた。

アメリカツアーを終えたG-DRAGONは、30日にカナダ・トロントでワールドツアーを続ける。

G-DRAGONは先月からアジア9都市、北米8都市、オセアニア4都市、ヨーロッパ5都市、日本3都市など29都市をまわるソロのワールドツアー「ACT III, M.O.T.T.E」を行っている。