痩せて集中力アップしてしかも美味しいバターコーヒーって何?

写真拡大 (全3枚)

フィンランド発のバターコーヒーブランド・Warrior Coffeeが、日本初上陸! この聞きなれないバターコーヒーは<完全無欠コーヒー>とも呼ばれ、シリコンバレーの起業家デーブ・アスプレーが自らの体を実験台に、30万ドル(約3200万円)を投じて編み出した“最強の食事”として話題になっています。

その最強の食事により、アスプレー氏は50kgのダイエットに成功したほかIQが20ポイントもアップ! その内容を書いた『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』は全米でベストセラーになり、バターコーヒーは"最高に美味しくて、ダイエット、集中力アップに効果がある"として話題の食品に躍り出ています。

バターコーヒーは、コーヒー1杯にMCTオイル(またはココナッツオイル)とグラスフェッドギーを各大さじ1〜2杯入れて作ります。MCTオイルは中鎖脂肪酸100%の油でダイエット効果があり、グラスフェッドギーは牧草飼育牛のミルクから作られる油で、腸内環境を改善するといわれています。

▲「摘み完熟 有機コーヒー豆」、「有機インスタント バターコーヒー(バニラフレーバー)、手摘み完熟 有機コーヒー豆(ミディアムロースト) 、有機インスタント バターコーヒー 、MCTオイル(ココナッツ由来) 、オーガニックグラスフェッドギー

「Warrior Coffee」の商品のラインナップは6種類。「手摘み完熟 有機コーヒー豆」(250g/2200円+税)はダークローストとミディアムローストの2種類。「有機インスタント バターコーヒー」(15g×6袋/オープン価格)はプレーンとバニラフレーバーがある。バターコーヒー作りに欠かせない「MCTオイル(ココナッツ由来)」(467g/3200円+税)と「オーガニックグラスフェッドギー 」(300g/3500円+税)も一緒に購入できるので、手軽に始めらますね。

>> Warrior Coffee

 

(文/&GP編集部)