イングランド期待の大器!逸材バークリーに足りないモノとは

写真拡大

イングランドの将来を担うと期待される大型MFロス・バークリー。

22歳の彼とエヴァートンとの契約は2018年までとなっており、今夏の移籍が強く噂されている。特にアーセナルやトッテナムが興味を持っているとも。

そんななか、元エヴァートン選手がバークリーについて苦言を呈した。『talkSport』が伝えている。

かつてエヴァートンやセルティック、モナコで活躍した元スコットランド代表MFジョン・コリンズがこう述べたという。

ジョン・コリンズ

「彼には才能があるし、スキルもある。打開もできるし、シュートも打てる。

だが、(選手としての)最終的な仕上がりは、150試合で21ゴールだ。それは偉大なものではない。

時に彼は走らないし、働かない、チームのために十分に汗をかくこともしない。

もし彼にウェイン・ルーニーのような姿勢と欲求があれば、トッププレーヤーとして見なせるだろう。

だが、(他人が)選手にそのような欲求を与えるのは難しい。

時折、彼はずっとボールを欲しがらないこともある。自信がないから?そうは思わないね。

彼には多くの才能があるし、テクニック、パワー、スピードもある。

だが、トッププレーヤーになるには、その全てを兼ね備えていなければならない。

現時点で彼はその全てを兼ね備えているようには見えない」

才能は高く評価しつつ、姿勢の面でまだ欠けているものがあると感じているようだ。