カンニングぺーパーを貼り付けたところは…(画像は『andrw 2017年6月18日付Twitter「bitch im ready」』のスクリーンショット)

写真拡大

このほどスペイン在住と思われる学生が、カンニングペーパーを爪の裏側に隠した写真をSNSに投稿して話題となっている。当然ながらカンニングは褒められる行動ではないが、写真を見たネット民から多くの感嘆の声があがった。英メディア『Metro』などが伝えている。

今年6月18日にアカウント名‟andrw”さんによってTwitterにアップした写真が、約1か月で29万件以上の「いいね」が集まり話題になっている。andrwさんのツイートはスペイン語で投稿されているが、スペイン語だけでなく英語、インドネシア語と世界中からコメントが寄せられているのだ。

現在学生だというandrwさんは、物理のテストを受けることとなった。この時に思いついたカンニング方法が、紙に3フォントの極小サイズで数式を書き込み、ほどよく伸びた爪の裏側に貼り付けて隠しておくことだった。爪にはおしゃれなデザインを施したマニキュアが塗られているため、表側から見るとカンニングペーパーの存在がまったく分からない状態だ。

そして7月24日、andrwさんはアカウント名‟Blood_Reaper”として海外掲示板サイト『Reddit』へテストの結果が合格ラインだったことを報告している。このカンニング方法が海外メディアに取り上げられたことも手伝って広く拡散し、SNS上では「天才だ」というコメントが多々見られた。

しかし一部の物理学関係者らしき人から「超簡単な数式(距離=速さ×時間)を覚えられないなんて」などといった非難や、「これを作る時間があったら数式を覚えられるのでは?」という声もあがっている。

『Metro』では、今回のカンニング方法について「独創的なアイデアか?」それとも「時間の無駄だったか?」という 二者択一のアンケートを行っている。ちなみに7月29日時点で「時間の無駄」が全体の54%という結果であった。

このように多くの人々の関心を集めてしまったことに一番驚いているのは本人であろう。今回のSNSの反響によってカンニングの事実が学校側に知られ、テストの結果が取り消しになる可能性も否めない。

方法はどうあれ、カンニングは容認できない行為である。厳しく取り締まる学校も中にはあるが、今年7月には南アフリカでカンニング防止のため生徒を全裸にした学校が物議を醸していた。

画像は『andrw 2017年6月18日付Twitter「bitch im ready」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)