映画「海辺の生と死」初日舞台あいさつに登場した、満島ひかり(左)と永山絢斗

写真拡大

 女優の満島ひかり(31)と俳優の永山絢斗(28)が29日、都内で映画「海辺の生と死」(監督越川道夫)の初日舞台あいさつを行った。

 満島が作家の島尾ミホをモデルにしたトエ役で主演し、その夫で作家の島尾敏雄がモデルとなった朔中尉を演じた、実話に基づく愛のドラマ。2人はこの共演をきっかけに交際をスタートさせた。

 満島は「トエさんはピュアな愛を貫いた人。人類愛に生きた人っていうのが映画の中にどうにか映らないかなって思ってやっていました」と思いを語った。永山も「時間と共に島になじんでいくのは心地よかった」と撮影を振り返っていた。

 撮影を行った奄美大島、加計呂麻島でも舞台あいさつを行い、満島は「『歌や映像は言葉を超えますね』って声をかけてもらってうれしかったです」と手ごたえを語った。

 イベント終盤には同作で満島に歌唱指導した奄美島唄の第一人者・朝崎郁恵(81)が登場し、花束を贈呈。アカペラで島唄を披露した。朝崎は「できれば(満島と)2人で歌いたかった」と残念がったが、満島は「朝崎さんの唄だけを聞けてよかったです」と喜んでいた。