複雑すぎる「横浜駅」の構造をプラレールで完璧に再現するとこうなる

写真拡大

教えて!goo動画マスターのスズです。突然ですが、大阪駅は迷宮だとよく言われる。JRや阪急、阪神などの私鉄と地下鉄が乗り入れ、特に地下鉄は各線によって「梅田駅」、「西梅田駅」、「東梅田駅」などと少しずつ乗り場が違い、乗り場への案内版も結構不親切なので迷いことが多いのだ。

生粋の大阪人に聞いてみたところ「あれは大阪の者でもわからん」と言うのだから、観光で大阪に来た方はあの難易度にきっと驚くだろう。難し過ぎて途方に暮れ、子どもの頃に迷子になった時の気持ちを久々に思い出した。あの泣いてしまいそうな心細さ。

「教えて!goo」に寄せられた「迷子になったことありますか?」という質問に寄せられた回答を見ていくと、迷子になった時のあの感覚がさらにリアルによみがえる。

「小学校3年生の時、おじが入院していた大学病院で迷子になりました。何回かお見舞いに来ているし、暇になったので病院を散策がてら地下階にあるらしい売店を目指して歩いていたら、日曜日のため売店はお休み、老朽化の進んだ病院の地下廊下は薄暗く、人も全くいなくて泣きそうでした」(namruさん)、

「恥ずかしながら18歳の時にも迷子になりました。歩いていたらどんどん分からない道に入り、とうとう真っ暗になりました。たまたま交番があったので飛び込むと、親切にもおまわりさんが自家用車で送ってくれました」(schorlsさん)、

「車の中で小さい頃兄とケンカをし、『あんた達ケンカするなら外でしろ!』と母に言われ、その場で降ろされました。まったく知らない場所で、すぐ戻ってくるだろーと子供ながら思っていたら全然戻ってこないんです。(中略)しょうがないので、勘を頼りに適当に歩いてました。最終的には知っている道に辿り着いて帰れましたが、兄が全然帰ってこなくて夜中に帰って来たのはさすがに心配しました」(impulse225さん)

などなど、ちょっとしたものから結構壮大なものまでみなさん数々の迷子経験をしているようだ。

前述の大阪駅以外にも我々を迷子の恐怖に直面させる駅がある。それが横浜駅である。1915年の開業以来、絶えず工事が進行し続け“日本のサグラダファミリア”と揶揄されることもある。多くの路線が乗り入れているためその構造はあまりに複雑。

今回紹介する動画ではその横浜駅の構造をプラレールで再現しているのだが、これが圧巻である。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm31437000
ニコニコ動画を見る→こちら

おそらく多くの方は動画が始まって1分ぐらいの時点からぼーっとしてくるのではないだろうか。もう、入り組み過ぎて何がなんだかわからないのである。完成までには相当な時間がかかったであろうと予想される。こんなに複雑な駅が現実に存在し、大きな事故もなく日々運用されているということが信じられなくなってくる。駅の構造、そしてそこを起点とした都市の発展というものを考える上でも参考になりそうな動画である。

ぜひこの動画の投稿者に大阪駅も再現して欲しい!

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)