和田アキ子(左)と船越英一郎

写真拡大

 歌手の和田アキ子(67)が29日、ニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜、前11・00)に出演。27日に船越英一郎(57)の楽屋を訪れ、松居一代(60)との離婚騒動について2人きりで語り、激励したことを明かした。

 都内のスタジオの楽屋で偶然、ホリプロの後輩でもある船越の名前を見つけた和田。突然訪問すると、船越のマネジャーが「わ、わ、和田さんがお見えです」と驚き、船越も「和田さん?えっー」と驚きを隠せないまま、立ち上がり、招き入れたという。

 楽屋ではマネジャーも席を外し、2人きりで会話。「よう!暗闇企業の和田アキ子だよ」と、松居が動画でホリプロを「黒い事務所」などと揶揄していることに引っかけて名乗ると、「やめて下さいよ」と力なく応対したという。

 騒動の顛末を聞いた和田は「どっちにしろ、本当に私は飽きた。夫婦で浮気したとかなんだとか。こういうことになること自体、お前が悪いんだよ」と船越にピシャリ。先輩の言葉に、船越は「申し訳ありません。今度ぜひお話聞いて下さい」と謝罪したそうで、和田は楽屋を去るときに「まあ、頑張れ!」と激励したことを明かした。

 電話では話しているが、実際に会うのは久しぶり。「いやあ楽しかった」と再会を振り返っていた。