夏のデザートと言えば、アイスクリーム、かき氷、シャーベットが思い浮かびますよね。暑さで火照った体をひんやりしたデザートでクールダウンしたくなるものです。

しかし、これらのデザートを作るのは、手間がかかりそうだと思っていませんか? じつはそんなことはありません。想像よりも簡単に手作りすることができるのです。

今回は夏にぴったりなひんやり美味しい手作りアイス、かき氷、シャーベットのレシピをご紹介します。


(c) beth - Fotolia.com



■濃厚な味わいで大満足! ほっぺが落ちそうな、きな粉もちアイス

出典:E・レシピ

「きな粉餅」と「アイスクリーム」、それぞれ単品でも十分美味しいのですが、この2つを合わせるとほっぺが落ちそうなスイーツが完成。まるで八つ橋のようなきな粉をからめたお餅にバニラアイスと小豆を添えれば、和風アイスが出来上がります。

なめらかな舌触りと濃厚な味わいで、子どもから大人まで大満足。おやつの時間にお茶と一緒に味わいたいアイスでしょう。お好みで黒蜜をかけても美味しそうですね。

■シャリシャリ食感がたまらない、簡単にできるスイカのシャーベット

出典:E・レシピ

夏のフルーツの王様スイカ。そのまま食べても美味しいのですが、食べている途中で飽きてしまうこともあります。そんなときは、スイカをシャーベットに変身させてみては? 

スイカをミキサーにかけ、冷凍するだけでシャリシャリとした食感がたまらないシャーベットに。透明なグラスに入れて、仕上げにミントの葉を添えれば、グリーン×淡いピンクで、まるでカフェスイーツのようです。また水分をたっぷり含んだスイカは、少量で満腹感を得られるため、ダイエット中のデザートとしても最適でしょう。

■人気店のアノあの味を自宅でも!? オレンジヨーグルトの台湾風かき氷

出典:E・レシピ

近年、台湾で人気のかき氷店が日本で続々とオープンしていますね。そんなふわふわ食感で雪のような台湾のかき氷も自宅で作ることができます。

このかき氷のキモとなるのが、氷。牛乳と砂糖、プレーンヨーグルトでミルキーな氷を作ります。そして、オレンジなどのフルーツをのせ、自家製の水切りヨーグルト、ママレードシロップをかけると、豪華な見た目で爽やかな味わいのかき氷が出来上がり! 甘酸っぱく暑い日のデザートにぴったりです。

■とても手作りには見えない、上品な味わいのフランボワーズシャーベット

出典:E・レシピ

ちょっと大人な冷たいデザートを味わいたいときは冷凍フランソワーズのピュレを使ったシャーベットはいかがでしょう? チェリーのリキュールを使い甘酸っぱく、上品な味わいに仕上がります。滑らかで口どけが良く、食後のデザートにも最適。

仕上げはアメ細工の代わりにチョコレートを飾っても良いかもしれませんね。チョコレートの甘さがフランソワーズのフルーティな香りを一層引き立ててくれます。手作りには見えない本格的なシャーベットをぜひお試しください。

■シンプルで簡単にできる! サクッと美味しいウエハースアイスケーキ

出典:E・レシピ

アイスクリームだけを食べていると冷たさで舌が痺れてくることがありますが、ウエハースで挟んだこのアイスならそんな心配はいりません。軽い口どけのウエハースとバニラアイスで、サクッと美味しくいただくことができます。アイスの間にウエハースを挟んで二段重ねにすれば、ボリューム感のあるアイスケーキに。

このケーキはお好みで三段にしても一段にしても良さそうです。またバニラアイスをチョコレートやストロベリーなど、違うフレーバーにするのもいいでしょう。シンプルでありながらも、アレンジ次第で何通りもの味を楽しめるケーキです。

ひんやり系デザートはトッピングなどで自分なりのアレンジを加えやすいのが魅力です。夏休みの間に、あなたオリジナルのアイスやかき氷を作ってみませんか? お子さんと会話しながら一緒に作るのも楽しそうですね。

(木下あやみ)