高橋真麻「たわわな1キロ胸が机の上にこんもり」ショットの衝撃度!

写真拡大

 テレビ東京の隅田川花火大会の生中継で、かつて雨で中止の時もずぶ濡れになりながらリポートした姿で一躍その根性が話題になったフリーアナの高橋真麻。今年も7月29日の生中継放送の出演者に名を連ねているが、一方で、「現役最強の豊かな胸アナは彼女で決まりだ!」そんな声が聞こえてきそうな驚きの写真をブログで公開し、話題になっている。

 それは、7月25日の投稿で「今日はゆるいポニーテールどす」と京都弁のようなコメントをつけて、この日の髪型を写真で紹介している真麻。場所はおそらくメイクルーム、鏡に映った自分の姿を撮影したものだ。机に両肘をつき、スマホを両手で持った真麻が写っている。

「真麻は顔を横に向けて後ろでまとめた髪を見せているんですが、胸がすごすぎてまったく目に入ってきません。何しろ胸が机の上にほぼ乗っかっているんですよ。いったい何が起きたのかと驚きました」(女子アナ評論家)

 真麻は6月に放送されたテレビのバラエティ番組で、胸が片方1キロあることを告白している。合わせて2キロの巨大なものが机に乗っているのだから見た人を驚かせるのも当然か。

「このブログで彼女は『今日は朝からめちゃくちゃ腹ペコさん 食べても食べても何か物足りないのであります』と書いています。他の日のブログでも普通ではない量のご飯を食べていることを報告している。あんなにカロリーを摂っているのに腕は細い。やはり栄養のほとんどを胸に取られているのでしょう。真麻は今も食べまくっているので、これからますます大きくなりそうです」(前出・女子アナ評論家)

「愛いっぱいのIカップ」到達も夢ではなさそうだ。