女優の夏菜さんが、2017年7月26日に放送された日本テレビ系番組『今夜くらべてみました』に出演。

NHKの連続テレビ小説、通称『朝ドラ』の裏話を告白し、多くの人が衝撃を受けました。

これ、誰が殴ったの?

夏菜さんは番組で、2012年後期の朝ドラ『純と愛』のヒロインを演じたことに触れ、当時の感想を語りました。

ヒロインに抜擢されたことを喜んだものの、直近の『梅ちゃん先生』『カーネーション』がヒットしたことを受け、相当なプレッシャーを感じていたといいます。

これ、いっちゃっていいのかな。

そんな言葉で、当時のことを話し始めた夏菜さん。

『純と愛』の1話目が放送された直後に、クレームの手紙が殺到しているのを目撃してしまったそうです。

「朝からうるせぇドラマだ」「ギャーギャーギャーギャー、大して可愛くもねぇのに叫んでんじゃねぇよ」みたいなことを書かれていたりとか。

それで結構傷ついちゃって。

飲まなきゃやってられない生活に変わっていくんですね。

今夜くらべてみました ーより引用

それから、夏菜さんはドラマのプレッシャーと慣れない生活のストレスを、酒で発散するようになったといいます。

そして、さらに驚くエピソードを語ります。

夏菜さんによると、朝ドラの歴代ヒロインが使ってきたという特別な部屋があるのだそうです。

その部屋にドラマ撮影時に住んでいた夏菜さんは、衝撃の光景を目にしたといいます。

多分、歴代のヒロインの誰かが空けたであろう、壁に穴がバコッて。

でも、そういう気持ちになるの分かるなって思いながら、その穴を見て頑張っていました。

今夜くらべてみました ーより引用

誰かがストレスを発散するために殴ったのでしょうか。壁にポッカリと穴が空いていたのです。

この『朝ドラ』の闇ともいえるような裏話に、スタジオからは悲鳴が上がり、視聴者からも反響がありました。

本当にキツイ仕事ですよね。よく耐えたと思います。脚本がよくない時も、全て役者のせいにされる。これはつらいですね。夏菜さんを見ていると、朝ドラの闇を感じる。視聴率をとらないといけないのは分かるんだけど…。

私たちが楽しみにしている朝ドラの裏に、こんな苦労があったとは…。夏菜さんと朝ドラの歴代ヒロインたちに、改めて「お疲れ様でした」と声をかけたくなりました。

[文・構成/grape編集部]