『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公式サイトより

写真拡大

 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』のジャパンプレミアが7月26日、都内で開催された。同イベントに出席した出演キャストは口々にスペインでの楽しき日々に思いを馳せていた。しかし試写を観たとおぼしき一部来場者から「問題は脚本演出と演技、特に山粼賢人のフニャフニャ仗助がひどかった」と低評価が漏れるなど、暗雲が漂い始めている。

■原作者はリップサービス…俳優はスペイン観光に大はしゃぎ?

 シリーズ累計発行部数1億部以上の人気漫画を実写映画化した『ジョジョの奇妙な冒険』。企画当初から原作ファンの理解を思うように得られぬまま、8月4日の公開までいよいよ残り1週間を切った。26日に開催されたジャパンプレミアには、主役の東方仗助を演じた山粼賢人(22)や広瀬康一役の神木隆之介(24)たち出演キャストや三池崇史監督(56)が参加。スタンドの映像の出来やスペインロケの思い出を語って会場を盛り上げた。

 原作者の荒木飛呂彦氏(57)は、ビデオメッセージで「映画化に関して、期待と一緒に大変不安も感じている方もおられるかもしれません。ですが完成度の高さは想像を超えてきます」と映画を褒め称えた。

「原作者の立場ではああ言うしかない、ただのリッピサービス。嫌な予感を感じさせたのは出演者たちがスペインで遊んだ話ばかり語っていたこと。まるで『バカンスに行ってきました』と言わんばかりのはしゃぎようだった。『ジョジョ好き』と公言していた山粼からも、原作ファンが喜びそうなマニアックなコメントは一切出てこずじまい。製作陣の動向を含め、『ジョジョが好きだから実写作りました』という情熱が全然伝わってこないのも問題で、原作の上っ面をなでるだけのビジネス優先の作品になるのではないかと不吉です」(映画関係者)

■試写参加者が低評価「山崎演じる仗助がひどかった」

 今回のジャパンプレミアでは、一般に向けて国内初の試写を実施した。今までひた隠しにされてきた本作の実態がいよいよ明るみになった格好だ。ちなみに同作は、ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭で観客賞を受賞済み。現地入りした山粼は、ジャパンプレミアで受賞の喜びや現地ファンのことを語るなどして期待感を煽っていたが……。

「試写に参加した招待客の9割は、山粼目当てとおぼしき若い女性。公開初日までネガティブな情報漏洩がないよう、原作ファンのバッシングを恐れたのかと勘ぐってしまいます」(報道関係者)

 それでも、一部の試写参加者がネット上に評価を公表。「とにかく無駄な尺が多い!セリフ忘れたのかな?って思うくらいいちいちタメて喋るのでアンジェロ戦終わったとこで集中力切れちゃった」「問題は脚本演出と演技、特に山粼賢人のフニャフニャ仗助がひどかった。原作と同じプロセスを踏んで同じセリフを言ってるはずなのにこうも白けるものかと…ビックリした」(原文ママ)などと欠点を具体的に指摘し、低評価を下している。

「先行で試写を見た業界関係者もざわついている」(前同)といった話も出ている映画『ジョジョ』の惨状。実写化の発表当初から怒れる原作ファンは、公開後、一体どんな審判を下すのか。

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。