満島ひかり(左)と永山絢斗

写真拡大 (全2枚)

 映画『海辺の生と死』の初日舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、出演者の満島ひかり、永山絢斗ほかが登場した。

 本作は、小説家夫婦である島尾敏雄と島尾ミホが書いた、鮮烈な出会いと恋の物語を原作とした作品。

 ヒロインのトエを演じた満島は「奄美大島の中の加計呂麻島という島の小さな集落の話です。島尾ミホさんが書いた本の中にある、かつての島の美しさとか、恐ろしさとか、自分たちの土地に住む木の精や海の神様とか、そういうものに自分たちの生活が循環されている、今よりもそういうものがあった時代のお話です」と紹介した。

 自身が演じた役柄については「島尾ミホさんはピュアな愛を貫いた人だと思っています。誰かへの愛じゃなくて、人類愛みたいなものも含めて愛に生きた人、社会とか、強い戦争とかに負けないで、愛を貫いて生きた人です」と話した。

 トエの恋人の朔(さく)中尉を演じた永山は、奄美大島と加計呂麻島で行われた撮影について「時間と共に島になじんでいけているような感覚が心地良かったです。浜辺でトエとのシーンがあったんですけど、大事なシーンだったので、スタッフさんが視界に入る機材を全部どけてくださって、環境を整えてくださって撮影したのがありがたかったです。ぜいたくな経験でした」と振り返った。

 また、満島に歌唱指導をした奄美島唄の第一人者、朝崎郁恵が登場し、島唄を披露した。満島は「ほとんど口伝えで、朝崎さんの目を見て、手を握りながら覚えました。今でも私は疲れたりすると島唄をおうちで口ずさみます」と明かした。