本田圭佑のメキシコデビューはお預け

写真拡大

 メキシコリーグのパチューカに移籍した日本代表FW本田圭佑のデビュー戦は、8月5日の第3節ロボス・ブアプ戦以降に持ち越しとなった。

 28日、クラブ公式ツイッターが29日に行われるホーム開幕戦クラブ・アメリカ戦に向けて招集メンバー18人を発表。その中に本田の名前はなかった。

 23日に行われたUNAMとの今季開幕戦を欠場した本田。ディエゴ・アロンソ監督は「本田は筋肉系に問題を抱えていて、まだ出場することができない」と理由を明かし、実戦起用まで「おそらく3〜4週間はかかるだろう」と語っていた。

 だが、本田は24日に自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新し、「(復帰まで)3〜4週間がかかると聞いているけど、予想より早く復帰できると思う。感触はいい」と英語でツイート。早期復帰を示唆した。


●海外組ガイド