「明治安田生命J1、札幌2-0浦和」(29日、札幌ドーム)

 浦和が札幌に0-2で敗れた。DF槙野智章(30)が前半39分に一発退場し、後半に交代3枠を使い切った後に負傷者が出て9人でのプレーを余儀なくされるなど、悪い流れのまま黒星を喫した。

 札幌のFW都倉に先制ゴールを献上した後の前半37分過ぎ、槙野は札幌FW都倉ともみ合う形になって転倒。立ち上がって走り出した際に、左足裏が都倉の顔面に当たり、レッドカードを受けた。都倉にはイエローカードが提示された。

 1点ビハインドの浦和は、1人少ない状況で迎えた後半、FW李、FW武藤、DF森脇に代えてFWズラタン、DF那須、MF宇賀神を投入。交代枠3人を一気に使ったがこれが裏目に出る。後半5分過ぎに那須が足を痛めてプレー続行不可能となり、9人で戦うことになった。結局、後半43分にジェイのゴールでダメ押しされ、0-2で敗れた。