「忖度バカはいらない」と語る鎌田實氏

写真拡大

 いま、「忖度」がキーワードになっている。もともと他人の心を推し量るのは悪いことではないはずだが、現代ニッポンでは、「忖度バカ」とも言えるような人たちが増えている。そんな奇妙な空気を一掃するにはどうすればいいのか。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が指摘する。

 * * *
 森友、加計と続いている安倍晋三首相がらみの“お友だち優遇疑惑”で、ぼくの心に当初から引っかかっている報道がひとつある。それは、和泉洋人首相補佐官が「総理は自分の口からは言えないから、私が代わって言う」と前置きして、前川喜平前文部科学事務次官を水面下で説得しようとした、という報道だ。加計学園問題で、前川さんが総てのキーパーソンと名指しした和泉首相補佐官は、この言葉で文字通り、言えないけれど「忖度のリレー」を迫ったのではなかろうか。

 そもそも「忖度」は、決して悪いことではないし、相手の心中を推し量ってそれに応えることは、サービス業や営業職などでは必要不可欠な配慮である。同時に古くからの日本的な美徳でもあった。けれど、それが利権や利益誘導の場で働き出すと、一気におかしなことになってくる。国有地が8億円も安くなったり、国政に係わる霞ヶ関の優秀な官僚たちがなぜか大事な資料を大量になくしてしまったり、ついでに記憶もなくしてしまったりする。

 一方で就任以来、場をわきまえないファッションや自衛隊を前面に押し出した選挙応援演説などで批判が絶えない稲田朋美氏は、菅義偉内閣官房長官などと並んで安倍首相の“お友だち”のひとりとされている。

 ぼくの個人的印象では、稲田氏もまた安倍首相の考えを忖度して、その寵愛を失わないよう遮二無二がんばっているようにうつる。彼女が見ているのは安倍さんだけで他は見ていないから、次々に問題を起こす。それでも「任務を全うする」をひたすら繰り返してきた彼女は、日本政界のトップが私を守ってくれるという万能感があったのかもしれない。しかし、リゾートファッションやハイヒールで自衛隊の現場に現れる人が防衛大臣にふさわしい人物だったか否かは論を俟たないだろう。

“一強”と言われる安倍首相のお友だちグループ内にいると、安倍さんの顔色しか見えなくなって、他が支離滅裂でも一強のご威光(それとも、ご意向?)で押し切れる気になるのかもしれない。

◆空気かき回しの達人

 こんなことがまかり通る社会は他のところまでおかしくなるもの、とぼくは思っている。

 最近心配なのは、教育の現場でも奇妙な事件が多くなっていることだ。先生が中心になって特定の子どもをいじめたりするのが、それ。以前は子ども同士のいじめ問題が中心で、先生は何故その事実に気づかなかったのかと責められることが多かった。それが、近頃では先生がいじめの中心人物だったりする。

 部活などの過剰な体罰も明らかに指導の域ではないのが動画などから見て取れる。そんな学校で教育を受ける子どもたちは校内の空気や教師の顔色を気にして、しなくていい忖度ばかりをするようになるだろう。

 では、どうすればこういう奇妙な空気を一掃できるのか? ぼくはとにもかくにも思いっきり空気をかき回すことが一番だと思う。おかしなことにはおかしいと言い、誰かのご意向に沿おうなんて思わないことだ。そうすると、だんだんと風通しが良くなって、暮らしやすい社会になっていく。いま、国民がウンザリしているごまかしや屁理屈は淘汰されていくものだ。

 最近あちこちのメディアで注目されている東京新聞の女性記者・望月衣塑子さん、ぼくは“空気かき回しの達人”だと思っている。ほかの記者が聞かない質問をくりかえし、場の横並び空気に支配されない。でも、菅官房長官との丁々発止は確実に他の記者たちも活性化させている。納得できない答弁にはしつこく食い下がる記者が増えてきた、と望月さん自身も何かのインタビューで話していた。

 特定個人の利益のためや自らの保身のために忖度するのではなく、自分が何をなすべきか、きちんと足下が見えていれば当たり前の行動だが、こんなことがいま社会全体に問われているように思う。

 おかしな忖度バカばかりがはびこるディストピアだけはゴメンこうむりたい。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。2017年8月23日(水)、小学館カルチャーライブ!にて講演会『「忖度バカ」はいらない!』を開催予定(https://sho-cul.com/courses/detail/27)。